アトリエハコブログ

CALENDAR  RECOMMEND   ENTRY   CATEGORY   ARCHIVE   LINK  PROFILE 
高円寺のリノベーション−ラワン








現在、吹抜上部の3階をメインに作業が進んでいます。




ラワン合板どうしの突きつけ部分。
指で触っても全く小口がわからず滑らか、精度が高い!









実はコレ、ラワン合板の箱なのですが、トイレです。
通常であれば天井までの間仕切りにするところ、既存収納との取り合いから途中まで。



ラワン合板を選んだのは、既存の収納と並んだときに真っ白な壁よりも
しっくりくるだろうなぁという理由から。

下地に使われることが多いものですが、仕上げに使ってもとっても味わいのある仕上がり。
材料そのものをじっくり見た時は若干荒い印象なのですが、
大きな面として見るとちょっとまた違った、しっとりした色気ある感じが魅力です。



赤塚の住宅>>>でもラワン合板を多様しています。








今回の仕事は、既存の家具や扉を利用したり転用しながら、
そこに新規の要素を嵌めこんでいくという、作る側からすると、とっても面倒くさい仕事。






でも、普通でないところもこれまでの経験を活かしながら工夫して、
いや、むしろ楽しんで!?施工してくれる、頼りになる監督さんに大工さん。

現場打合わせではついつい脱線しがちですが・・・






木工事ももうすぐ終わり。
次の現場も担当してくれるそうで、引き続きよろしくお願いします!






 
リノベーション ・ 店舗付住宅 ・ 高円寺 | text by サノトモミ
高円寺のリノベーション−職人さんいろいろ

 

 

 

 


今回のリノベーション。
気持ちよい内部空間を実現するためにはじまったプロジェクトですが
せっかくの機会なので外部まわりのメンテナンスも一緒に行っています。






外壁塗装の塗り替え準備中。まずは洗浄のようです。






屋上では防水工事の準備中。
これまで何度か防水工事を重ねてきたそうですが、
今回は、断熱を施した上に防水を。






内部では、急ピッチで大工さんが作業されてます。
面積を減らしてでもつくった吹抜けがほんと気持ちよくなりそう!


ナラ無垢材フローリングも貼られていました。
ざっくり感、いい意味でキレイすぎない感じが、
もともとからある造付収納やキッチンとの相性ぴったり。



引き続きよろしくお願いします!



 

 

 

 

 

リノベーション ・ 店舗付住宅 ・ 高円寺 | text by サノトモミ
高円寺のリノベーション−吹抜あらわる!






こちらの現場も週1ペースで定例。








3階の一部床が抜かれ、ついに吹抜が出現!




昔は家族5人で暮らしていたことから床面積を優先した計画になっていましたが、
今はむしろ暗くなりがちだった2階に光を取り入れたい!
というところから、あえて面積を減らし吹抜を設けることに。。。

住空間というのは、とかく床面積で判断してしまいがちですが、
でも数字にはあらわれない空間の良さもあるわけで。。。

今回、お施主さまの理解があり、
数字というものに拘らず、とにかく豊かな空間を作ることに徹しています!!!


それぞれはコンパクトに、
でもある部分では、うゎーーーっと伸びができるような
おおらかで気持ちのよい空間が実現しそうです!










外部まわりも固まりつつあり、
大工さんもいよいよ本領発揮、テンションがあがっています!
お施主さんの目線になって細かい所に気づいてくれる大工さん。
ほんとうにありがたい。



今日は久しぶりにお施主さんも交えての確認・打合せでした。
珪藻土や外壁の色を決定したり、収納まわりを再検討したり。

引き続きよろしくお願いします!






 
リノベーション ・ 店舗付住宅 ・ 高円寺 | text by サノトモミ
高円寺のリノベーション−現場定例






解体をしつつ新たな天井を組んだり・・・
と現場は進んでいます。







2階から3階へ上がる階段、
当初、今ある鉄骨階段を移設利用しようと目論んでいたのですが
思いのほかガッチリ躯体に溶接されている上に隙間はモルタルで埋められていて
うまく取り外すことができそうになく・・・新たに製作することに。
木貼の温かみある階段も楽しみです。







オシアゲリノベ>>> のときのイケメン大工さんも
先々週から現場入りしています。
かなり気合いが入っているもよう!?で、今後の活躍に期待大です!

現状ありき・残すものありきなので、なるようにしかならない部分も多々ありますが
臨機応変に対応してくれ、いろいろ細かい部分を気にしてくれてありがたい。

監督さんとは何件も一緒にお仕事しているので
○○邸の○○部分の納まりで・・・と話しが早く
保留部分もサクサクと決まっていきました。


雑談にも花が咲きましたが・・・
引き続きよろしくお願いします!




 
リノベーション ・ 店舗付住宅 ・ 高円寺 | text by サノトモミ
高円寺のリノベーション - 解体





特注サッシの製作と並行して、解体がはじまりました。






今回は、まるきりスケルトンというわけではなく
残すもの、盛替えするものがあり。


それらは図面で明記していましたが
実際作業する方が間違えないよう指示しておこう・・・
と養生テープとマジック持参で現場に来ました。
が、監督さんがすでに指示をしてくれていました!

あとは、後々分かりやすいよう、再利用する建具に建具番号などを明記して。










仮住まいへギリギリの引越しとなったお施主さまを送り出した後
一気に・・・というより繊細な解体作業がはじまりました。


ちょうどいま解体屋さんがいる部分。
PC版の床を外して吹抜けにし、
暗くなりがちだった下階にも光や風を取り込みます。






 
お母さま拘りのデッドスペースを利用した収納はそのまま残しつつ
ワンフロアを2部屋に仕切っていた収納や間仕切壁が取り外されると
とても明るい空間に。

単なる通路となっていたところも活かされた空間になるだろう、と、
始まったばかりですが、いまから完成が楽しみです。



今後も丁寧な作業が要求されますが、現場の方々よろしくお願いします!







リノベーション ・ 店舗付住宅 ・ 高円寺 | text by サノトモミ
高円寺のリノベーション−動き出しました

 




先日、晴れて工事契約をした高円寺のリノベーション。
最初の出会いから3,4年。やっと形になります。

特注サッシの製作期間が必要なため
実際の解体や大工さんなど職人さんが現場に乗り込むのは来月。

特注サッシ、
新築の建物に取付けるものとは勝手が違い、既存外壁ありきの工事なので
工事契約後さっそくサッシ屋さんが現調に。
いただいた名刺を見ると、特注専門の会社のようで
飛行機の窓とかいろいろと面白いことをやっているようです。
 







今回は、店舗付住宅の住宅部分のリノベーション。

お施主さまのご両親が、むかし写真屋さんをされていて
1階が写真スタジオ、2・3階がお住まい、という構成でした。

今は、1階は貸店舗となっていて
現在かなり独創的なセルフビルドのインテリアの美容室が入っています!
2・3階は住居スペースのまま。

かつては家族5人で住んでおり、スペースと収納確保優先のプラン。
でも今は1人住まいで、かなりぶかぶかな感じ。
そして多くの時間を過ごす場所にあまり日が入りません。



今回は居心地の良さを獲得すべく
3階の床を一部抜いて吹抜をつくったり、階段を移動したりすることにより・・・

日も入って、風も抜けて、
2階でも3階でも気持ちのよい自分の居場所が確保できそうです。

 






将来、賃貸にすることも踏まえ、なるべく間仕切りのない空間にしたい、
との新たなご要望。

もともとある建具をパッチワークのように転用しながら、
色んな時代・時間が混在する
ちょっとアーティスティックな収納にしたいなぁ
と改めて検討中。です。









リノベーション ・ 店舗付住宅 ・ 高円寺 | text by サノトモミ
高円寺のリノベーション - はじまっています

 


はじめてお施主さまとお会いしたのは、たしか3,4年前。

オープンハウスにお越しいただいたり、
リノベーションについてのご相談にのったりしていましたが
まだ時期ではないかも?・・・ということでしばらくお休みすることに。




この春先、久しぶりにご連絡をいただき
晴れてリノベーション計画を進めています!


お会いしていなかった間、
緑豊かな場所に移住するほうがいいのではないか・・・
そもそもリノベーションすることは贅沢なのではないか・・・
などなど、随分気持ちが揺れ動いたそうです。


でも、やはり両親が建てた住宅に住み続けたい!
だけど周辺環境が変わったことにより生じてきた不便な部分もあるから・・・
と、リノベーションを決断されたとのこと。









 
お母さまがこつこつと集め続けた、
有名すぎるステキな照明や家具。













お母さまが使い勝手や収納を考え・・・某メーカーへオーダーしたキッチン。
冷蔵庫も同じメーカーのもので、キッチンと同じ面材で作られています!
冷蔵庫ならではの主張がなく、キッチン延長の家具のよう。

キッチンスペースがとてもよい風合いになっていて、まだまだ使えるので
少しあるという不具合を調整してそのまま生かすことに。














鉄骨造なので、柱・梁型が部屋に大きく突出していますが
その間を無駄なく造付収納にしたり工夫がなされています。

それらはそのままに、
また内部の建具なども捨てずに転用し

リノベーションをして新しくはなったのだけど、なんだか落ち着く雰囲気・・・
を目指したいと思っています。






 




リノベーション ・ 店舗付住宅 ・ 高円寺 | text by サノトモミ
<< | 2/2 |

 アトリエハコ建築設計事務所 
〒135-0047 東京都 江東区 富岡 1-1-18 富岡ビル
TEL:03-5942-6037 FAX:03-5942-6038
info@hako-arch.com www.hako-arch.com
江東区, 東京都, JPのHouzz登録専門家七島幸之+佐野友美