アトリエハコブログ

CALENDAR  RECOMMEND   ENTRY   CATEGORY   ARCHIVE   LINK  PROFILE 
元住吉の住宅ー久しぶりの訪問

 


 

 

 

 

2014年の年末にお引き渡しした、元住吉の住宅。

 

何度も来てもらうのは悪い。。。というお施主さんのお言葉に甘え、、、
先週末、ようやく1年点検の補修+追加工事をセットで行いました。
それでもまだちょっと残ってしまったのですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

追加工事は、子供スペースの間仕切。


設計中は子供たちも小さかったので、細かく仕切らずおおらかな空間で過ごし、
時がきたら家具などで仕切る、という予定でしたが、
思ったより早く間仕切りが必要となりました。

 

 

昨年の1年点検のとき、お施主さんより、やはり家具ではなく壁として仕切りたい。
どんなものがよいか?提案してほしい、、、とご依頼いただきました。

 

設計から完成まで(完成後も)お施主さんご家族とお付き合いしてきた感じ、
今後の暮らし方をイメージしたり、お好みの雰囲気とか、もやもや考えました。


はじめは、柱に合わせて奥行100〜150mmの薄めの本棚のような収納も考えましたが、
本ばかり収納するわけではないし(造付デスクの回りに置けるスペースはいっぱいある)
その分空間もとられる。

でも、単なる壁だとつまらない。。。

 

 

 

 

 

 

 

そこで、有孔ボードで壁を作って
専用の金物でそれぞれカスタマイズしていくのがよいのでは。という方向になりました。

 

 

ぱっと見たらなんてことのない孔あきボードかもしれないけど
塗る前提でシナ合板にしているので、
今後子供たちによってどのような色になって、
どんな金物使って工夫して使われて行くかがが楽しみです。


現段階で子供たちにどの色に塗るのか聞いたところ、
揃いにも揃って全員が、家族で応援しているサッカーチームのカラー!


どんな色になってもまわりの床のラワン合板と相性ばっちりなはずですが
このシナのままの雰囲気もよく、、、しばらくはこの状態で落ち着きそう。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

追加工事以外の場所はというと、、、

 

珪藻土の壁は、全体的にしっとりした感じ。
木部は日焼けしつつ馴染んでいる。

 

 

 

 



 

 

 

お施主さんがマメに無垢フローリングのオイル塗りや
デッキの塗装をして、大切に育ててくれているよう!

 

とにかくよい感じに時を刻んでいました。


 

 

 

此処彼処に、お施主さんが集めた家具や雑貨があったり!

 

 

 

 

おおらかな土間玄関。
玄関ドア上の窓から見える軒天の木がポイント!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

南側は隣家で完全に塞がれているにも関わらず
隣家屋根を考慮した位置に設けた天窓や光テラスがよい雰囲気でした。
 

この時期は、太陽高度も一番高い時期に近づいていますが、そこまで強烈でなく、
太陽の動きがわかって(光の射す方向が変わって)面白い。
そもそもこの天窓は、太陽の光を取り込むために設けたものですが
実際住んでいるお施主さんからすると、
思いがけず月が見える日があったりするそうで、夜も楽しんでくれているようです。

 

 

 

 

 

 

補修工事や追加工事の作業中は、もちろん我々は何もできることはなく、、、
お施主さんと家のことや近況報告など雑談していたりしていたのですが
その間、子供たちが、部活や塾やバレエやサッカーなどの習い事で出たり入ったり・・・

そんな子供たちの帰宅を待ってからの遅めのランチ。
設計中は打合せ後によく食事したものでした!久々でとても楽しいひととき。
色々とお気遣いいただき恐縮です。どうもありがとうございました!

 

 

 

 

ブログはこちら>>>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅 ・ 元住吉 | text by サノトモミ
<< NEW | TOP | OLD>>

 アトリエハコ建築設計事務所 
〒135-0047 東京都 江東区 富岡 1-1-18 富岡ビル
TEL:03-5942-6037 FAX:03-5942-6038
info@hako-arch.com www.hako-arch.com