アトリエハコブログ

CALENDAR  RECOMMEND   ENTRY   CATEGORY   ARCHIVE   LINK  PROFILE 
赤塚の住宅ーAERA with Baby 掲載








竣工は2012年5月、約2年半ぶりの訪問。
久々にお邪魔させていただきました。









縁あって声をかけていただき、「AERA with Baby」の取材です。

設計中に生まれたお兄ちゃん。
ちょっと会わない間に大きくなって、、、人懐こくて愛嬌があってカワイイ。
前回伺ったときがちょうど生まれたばっかりだった弟くん。

兄弟2人も加わっての取材対応です。













久しぶりで何もかも懐かしいですが、
何と言っても、シナ合板の繊細で優しい色合いと、
オイルを塗ったラワン合板の少し色気のあるしっとりとした色味。

また、子どもスペースの素地のラワン合板は、ざっくりした感じがたまりません。

シナ合板もラワン合板もとても綺麗で良い感じ。
集成材のカウンターなんかは奥さんがたまにオイル塗装をしたりしているそう、
色味が少し深まっている感じなんかもして、
あらためて木仕上げの内装はよいなぁと思いました。



もしお子さんが壁に落書きしたりシールを貼ってしまったとしても
ヤスリがけすればいいかな、、、と思っているそうで
そのゆるい感じもとてもよいなあと思いました。
実際はきれいなまま。椅子1脚のみ、シールがいっぱい貼られています・笑

















実はご夫婦ともにDIY好き。

テレビまわりの収納や、ダイニングとリビングの段差部分には子供の落下防止も兼ねて収納
(これは大きくなったら撤去するそう)をご主人が製作。

既製の写真フレームをちょっと古びた感じに塗装して、
家の各コーナーに家族写真を飾り付けているのは奥さん。
好きな場所にピンなどを使って写真などを飾れるのも、合板仕上げの良いところ。



 ダイニングやリビングは、お子さんのために一時的にカーペットが敷かれていますが
(ほんとうはウォールナットフローリング)
そこかしこにご夫婦のお好みのものが、、、
コンソールだったり、レコードや多肉などの観葉植物。


それぞれがよいバランスでレイアウトされているなぁと思いました!












さて、「AERA with Baby」。
実は、お施主さん奥さまもお子さんをご出産された際には、
よくご購入されて、色々と子育ての参考にされていたそうです。












2015年12月号の「子どもを伸ばす家」という特集、
巻頭の12〜15ページ。

レベルを変えながらも一体につながっているスキップフロアの開放的な空間の中で、
ご家族がそれぞれ自由に楽しく過ごしている日常風景が垣間みれるカット。

ダイニングキッチンからリビング、そこから更に上部に書斎・サニタリーへと、
空間が緩やかにつながっている感じが良くわかります。


書店で是非!



















取材のあとは、お施主さんのお言葉に甘えて奥さん手作りのお食事。
バーミックスを使っただけ〜とおっしゃるのですが、美味しいものばかり。
キッチン収納を計画するとき、
レンジや炊飯器はもちろんのことバーミックスはどこに置こうか、、、
まで一緒に考えたなぁと懐かしく思い出しました。

住まいのことはもちろん、
お子さんのことなどなど近況をお聞きして
ほんとうに楽しいひとときでした。

ありがとうございました!











 
住宅 ・ 赤塚 | text by サノトモミ
<< NEW | TOP | OLD>>

 アトリエハコ建築設計事務所 
〒135-0047 東京都 江東区 富岡 1-1-18 富岡ビル
TEL:03-5942-6037 FAX:03-5942-6038
info@hako-arch.com www.hako-arch.com
江東区, 東京都, JPのHouzz登録専門家七島幸之+佐野友美