アトリエハコブログ

CALENDAR  RECOMMEND   ENTRY   CATEGORY   ARCHIVE   LINK  PROFILE 
江戸川のフォリーハウス-レビューいただきました!

 

 

 

 

 

お施主さんより、建築ポータルサイトHouzzにてレビューをいただきました!>>>
お忙しいなか、すてきなレビューをどうもありがとうございます!

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
結婚以来賃貸マンション暮らしでしたが長男が1歳を迎える前からマイホームを検討し始め‥
あるきっかけから父親名義の土地に建築することに。。

ただ、狭小地であったことから
「小さいながらも自分たちの夢と希望が持てるマイホームを実現したい」
との強い思いを抱いて思案していた時に
アトリエハコ建築設計事務所さんと出会うことができました。

最初の打合せが2017年1月。
狭小地に加え道路づけの関係で区役所との事前協議等にかなりの時間を要し
アトリエハコさんには御苦労をお掛けいたしました。
その間にも私たち夫婦の要望に真摯に耳を傾けてくださり
何度も何度もプランの練り直しと模型を作り直していただくことでイメージを掴むことができました。

そして長い協議・最終設計プランも整い2018年7月に待望の着工。
施工業者はアトリエハコさんが数社の候補者を挙げ慎重に検討の上、
信頼できる(株)スリーエフさんに決めていただきました。

工事中は内装や設備等へのきめ細かな配慮がなされたり、
限られた床面積の中で最大限のスペース確保の提案をいただくことで
私たちの期待が膨らみ日に日にワクワク感が高まっていたのを思い出します。
そしてついに2018年12月に竣工・引渡し。。
アトリエハコさんとの出会いから丸2年。 この間に次男も生まれ、
小規模な個人住宅としては長い年月を要しましたが‥だからこそ万感の思いがあります。

おかげさまで待ち望んでいた理想の新築住宅での暮らしが始まり1年以上経過した今、
家族4人賑やかで笑い声の絶えない楽しい日々を送っています。
(依頼当初はまだ歩くこともできず佐野さんに打合せの度に
面倒を見ていただいてた長男も今は4歳になりヤンチャ盛りになりました(笑)
あらためてアトリエハコ建築設計事務所の七島さん・佐野さんのお二人に感謝申し上げます。
たいへんお世話になりました。そしてこれからもよろしくお願いいたします。 施主
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

現場で照明・スイッチコンセントの位置を確認したり

 

 

 

現場に入って、キッチンのタイルや吊戸棚・架台の色を決めました。

とても懐かしいです。

 

 

 

お父様とお孫さんのやりとりに毎度和みました。

 

 

竣工写真撮影の際は、お父様もサポートしてくださり

また行きつけのお蕎麦屋さんでお昼をご馳走になりました。

土地や道路の役所とのやりとりでもお父様にご尽力いただき

大変感謝しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅 ・ 江戸川 | text by サノトモミ
江戸川のフォリーハウス-竣工写真 キッチン

 

 

現場レポートブログが続き、途中になっていた「江戸川のフォリーハウス」
竣工写真の続きです。

 

この家のキモとなるキッチン。
決して広くない住宅の場合、
キッチンの配置・形状は、建物の計画に大きく関わるもの。

 

キッチンは、この家にぴったりしっくりくる形、
L型キッチンからひと続きのダイニングテーブル。
既製品ではそのような形・サイズはないので、
大工さん造作+建具屋さん+塗装屋さんによるオリジナルキッチンです。

 

 

 

 

 

仕上げ・素材・色は、現場に入って最終決定しました。

 

 

 

 

 

 

マグネットライフラックは、お引渡し後にお施主さんが取り付けました。

 

 

 

キッチン架台の色や、吊り戸棚の色も悩みました。
諸々決まってから、照明器具の色も選定。

 

 

 

 

 

 

 

 

白のサブウェイタイルに黒目地。
目地によってタイルの印象が全く変わります。

 

 

 

L型キッチンで一番懸念される箇所も

収納で解決!(価格は少々お高めですが)

 

 

 

固定棚のサイズは設計時に決めていたものの
現場に入って、段ボールで実寸検証して決めました。

 

 

 

 

 

 

レンジは、コンロの下。

 

 

 

 

当初よりご要望のあった、ステンレスバイブレーションカウンター。

 

 

 

 

 

 

 

とにかく男前なキッチンです!

 

 

 

 

 

 

住宅 ・ 江戸川 | text by サノトモミ
江戸川のフォリーハウス-竣工写真 水廻りと屋上

 

 

3階は、子供室以外に洗面脱衣室とお風呂もあります。

 

 

 

1階になりがちな水廻り。

上階にあると、見晴らしよいところでお風呂に入ったり

洗濯から物干しがスムーズで家事動線よかったり

(物干スペースがどこかにもよりますが)メリットたくさんです。

 

photo:Brian Sawazaki Photography / 澤崎信孝     

 

 

 

 

決して広くない洗面脱衣室ですが、引戸を開け放すと神社の緑が見えたりします。

 

 

 

抜けのある階段も光を取り入れたり、風の抜けや視線の抜けに

大活躍中。

 

 

 

 

photo:Brian Sawazaki Photography / 澤崎信孝     

見晴らしがよく洗濯物を干すのにもってこいの屋上。

近くに高い建物がないので特別感があります。

 

 

 

 

 

住宅 ・ 江戸川 | text by サノトモミ
江戸川のフォリーハウス-竣工写真 3階

 

photo:Brian Sawazaki Photography / 澤崎信孝     

3階は、子供室と水廻り。

 

 

 

photo:Brian Sawazaki Photography / 澤崎信孝     

 

子供室の入れ子状のベッド。

下部は、隣の子供室のベッドスペースになっています。

ベッドからは公園が見えたり。

 

 

 

別の面にはコーナー窓をつけて神社の緑が見えたり、

狭くても抜けのある子供室。

 

 

 


 

 

 

photo:Brian Sawazaki Photography / 澤崎信孝     

 

まだお子さんも小さく皆で一緒に主寝室で寝ているので、

ここはもっぱら遊び場。

おもちゃいっぱいの子供室によくお友達が遊びに来るそうです!

 

 

 

 

 

photo:Brian Sawazaki Photography / 澤崎信孝     

 

もう1つの子供室。

宙に浮いたところが隣の子供室ベッド。

2段ベッドに仕切りをつけたイメージです。

 

上のお兄ちゃん、現場段階では、この部屋がよいと言っていましたが

いまは上段の方がよいのだそう。

 

 

 

住宅 ・ 江戸川 | text by サノトモミ
江戸川のフォリーハウス-竣工写真 ダイニングから3階へ

 

 

限られた高さのなかでの3階建+屋上の計画。
階高・天井高さをどう設定するかで内部の印象が変わります。
3層同じ高さにすると簡単だけどメリハリがない。。。

 

 

 

 

photo:Brian Sawazaki Photography / 澤崎信孝     

 

個室や水廻りのある1階と3階の天井高さはしぼり、
家族が多くの時間を過ごす2階LDKは約2.7mと高めに設定しました。

その分、2階から3階への階段の段数が多くなるので
一部はダイニングベンチを兼ねた階段に>>>

 

 

 

 

photo:Brian Sawazaki Photography / 澤崎信孝     

 

 

 

 

photo:Brian Sawazaki Photography / 澤崎信孝     

 

 


決して広くない階段スペースなので
視線が抜ける階段に。

 

 

 

photo:Brian Sawazaki Photography / 澤崎信孝     

 

 

 

 

photo:Brian Sawazaki Photography / 澤崎信孝     

 

階段からうかがえる、家族の風景。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅 ・ 江戸川 | text by サノトモミ
江戸川のフォリーハウス-竣工写真 階段とLDK

 

 

 

 

photo:Brian Sawazaki Photography / 澤崎信孝     

    
隣地神社の緑に向かって階段をのぼると、、、、
LDKです。

photo:Brian Sawazaki Photography / 澤崎信孝     

 

決して広くない部屋の場合、キッチンの位置・形がキモになります。

 

 

 

photo:Brian Sawazaki Photography / 澤崎信孝     


そして、2階から3階への階段がイスも兼ねていたり。
さらに内部が収納になっていたり。
色々と無駄なく2重使いしているLDK。

 

 

 

 

photo:Brian Sawazaki Photography / 澤崎信孝      

    
ダイニングテーブルとひと続きのL型キッチン。
なかなかの男前キッチンとなりました!

 

 

 

photo:Brian Sawazaki Photography / 澤崎信孝     

 

視線が方々に抜け、家族の動きも見渡せるキッチンです。

 

 

 

 

photo:Brian Sawazaki Photography / 澤崎信孝     

 

 

 

 

ご家族が入っている写真の掲載をご快諾してくださいました。
家具だけより、人物が入っている方が色々とイメージしやすいので
たいへんありがたいです。ありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅 ・ 江戸川 | text by サノトモミ
江戸川のフォリーハウス-竣工写真 1階

 

 

前回は外観の紹介でした>>>
 

 

 

 

photo:Brian Sawazaki Photography / 澤崎信孝    

玄関ドアから内部に入ると
奥にも窓があり明るい玄関です。

 

 

 

 

 

photo:Brian Sawazaki Photography / 澤崎信孝    

 

 

 

 

 

photo:Brian Sawazaki Photography / 澤崎信孝

    
手洗いが組み込まれた玄関収納。

 

 

 

photo:Brian Sawazaki Photography / 澤崎信孝    

ご主人こだわりのテクスチャーのある濃い色の壁。
階段下の感じが、だまし絵のような空間で面白い。

 

 

 

 

photo:Brian Sawazaki Photography / 澤崎信孝    

 

 

1階寝室は、道路から見られないよう高い位置に窓
神社側は、視線気にすることなく存分に光・風を通すようコーナー窓。

ウォークインクローゼットも隣接しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅 ・ 江戸川 | text by サノトモミ
江戸川のフォリーハウス-竣工写真 外観

 

 

一昨年の年末にお引き渡しした住宅。
落ち着いたころの昨秋に竣工写真撮影をさせていただきました。
10ヶ月ぶり位にお会いしましたが、皆さんお元気で
子供たちもちょっと会わない間に成長して、
撮影の合間に遊んだり楽しい時間となりました。


撮影は、Brian Sawazaki Photography / 澤崎信孝さんです。

 

 

 

photo:Brian Sawazaki Photography / 澤崎信孝     

 

 

photo:Brian Sawazaki Photography / 澤崎信孝     

 

目の前が公園。
我が庭のように子供が走り回っていました。

奥の3階建ての建物が住宅です。

 

 

photo:Brian Sawazaki Photography / 澤崎信孝     


標準色のグレーに黒サッシ。
色は迷うことなくすぐ決まりました。
緑にも街並みにも馴染み、よい雰囲気です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

photo:Brian Sawazaki Photography / 澤崎信孝     

 

ただし書き許可、地区計画、、、
いろいろ手続きがあり、思った以上に時間がかかった道路がらみ。
そのおかげでスッと3階まで立ち上げることができたりもしました。

 

 

外構は、竣工してから半年たったころ、お施主さんの方で工事手配。
南国好きなお施主さんらしい建物まわり。

 

 

 

 

photo:Brian Sawazaki Photography / 澤崎信孝     

 

 

特注スチールの玄関ドアを開けると間接照明が目をひきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅 ・ 江戸川 | text by サノトモミ
江戸川のフォリーハウス-お引き渡し

 

 

 

 

はじめてお会いしたのは、約二年前。
昨年末、ようやくお引き渡ししました。

 

敷地に接する「道」が、建築基準法の「道路」でなかったため
そのままでは新築を建てることはできず、
まず『ただし書許可』の申請をする必要がありました。
「道路」にするため、敷地のセットバックをどうするかなど紆余曲折、
ようやく敷地の大きさが確定したのが1年前。

道路絡みでは、お施主さんお父様に大変ご尽力いただきました。
ありがとうございました!

敷地の大きさが変わる毎にプラン検討をしていましたが
(敷地面積によって建築面積や延床面積が変わるため)
最終的な案が最もよかったと思っています。

 

 

 

 

 

シンプルにスッと立ち上がった立面。

 

 

 

 

 

 

 

神社の緑を見ながら階段を上がります。

 

 

 

 

 

 

 

ストリップ階段で軽快に。
1階まで光が届くように。

 

 

 

 

 

 

2階のLDK。

 

中央にあるのは、階段 兼 ベンチ。

L型キッチンのカウンターは
そのままダイニングテーブルへひとつづき。

 

 

 

 

 

 

キッチンカウンターは、
当初からステンレスバイブレーションと決まっていましたが
タイル、キッチン、吊戸棚の色はいくつかパターンを検討。
そのときの様子はこちら>>>

 

男前なキッチンになりました!!

 

 

 

 

 

 

キッチンと一緒に見えてくるペンダント照明も
いくつかある色の中から現場に入って決定。
 

 


 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、洗面器と手洗器が間に合わず、
取り急ぎの代替品でご迷惑おかけしています。
ご理解いただき感謝しています。

 

 

お引き渡ししましたが、
洗面器取付けや竣工写真などでまたお伺いすることになると思います。


末永いお付き合いをよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅 ・ 江戸川 | text by サノトモミ
江戸川のフォリーハウスー絶賛仕上中

 

 

 

 

年内お引き渡しを控え、現場は絶賛仕上中です。

 

 

 

 

 

右側は玄関収納で、掘込まれた部分には手洗器が設置されます。
この玄関スペースそのものに窓はないですが、
視線の先に窓を設置しているので明るく抜けていて、広く感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キッチンは、この家にぴったりしっくりくる形、
L型キッチンからひと続きのダイニングテーブル。
既製品ではそのような形・サイズはないので、
大工さん造作+建具屋さん+塗装屋さんによるオリジナルキッチンです。
寸法もこの家のサイズに合うようにかなり検討しましたし
色もどうしようか悩んだ部分なので、とにかく完成が楽しみです!

 

 

 

 

 

 

 

 

部屋のコーナーからは緑と空が望めます。
2つのサッシが1つに見えるよう、塗装色で工夫したところ。

息子さんは、サッシ開閉のハンドルがとにかく気になるようです!

 

 

 

 

 

 

 

 

外壁はシックな濃グレー。
外壁と続くイメージで、LDKの一部にグレーを採用しました。

晴れた青空にも、曇天な淡いグレー空にも映え、とにかくカッコいいです!

 

 

 

 

 

 

 

 

息子くん、はじめは階段上り下りができず、抱っこで移動していましたが
今では軽々上り下り!頼もしいです。

 

 

完成はもうすぐですが
引き続きよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅 ・ 江戸川 | text by サノトモミ
| 1/2 | >>

 アトリエハコ建築設計事務所 
〒135-0047 東京都 江東区 富岡 1-1-18 富岡ビル
TEL:03-5942-6037 FAX:03-5942-6038
info@hako-arch.com www.hako-arch.com
江東区, 東京都, JPのHouzz登録専門家七島幸之+佐野友美