アトリエハコブログ

CALENDAR  RECOMMEND   ENTRY   CATEGORY   ARCHIVE   LINK  PROFILE 
パークサイドスキニーハウスーモノマガジン掲載

 

 

 

趣味人の雑誌というイメージのある『モノマガジン』。
このたび「小さな家の、ものがたり」特集に
私共が設計監理させていただいた「パークサイドスキニーハウス」が掲載されました!
雑誌はこちら>>>

 

 

 

 

 

 

今回は、お施主さんご自宅に取材ではなく
事務所で諸々ざっくばらんにお話させていただきました。

 

ふだんは渓流もの等々の書物をしているライターさん。
建築やインテリア専門でない方とのお話が楽しかったです!

 

視点がいつもの取材と異なる感じがとても面白く
どんな誌面になるのかとても興味がありました。

 

 

 

 

 

そして、使わせていただいた写真のカメラマンは、
竣工写真を撮影していただいた
Brian Sawazaki Photography/澤崎信孝さん>>>です。
ご理解ご協力ありがとうございました。

 

 

モノマガジンという、この雑誌ならではの断言調。
いままで何件も掲載させていただいたインテリア・建築雑誌とは違う言い回しですが
とてもポイントをおさえた、わかりやすいものになっています!

 

 

 

 

 

誌面デザインも、掲載させていただいたお宅の黒外壁を活かしたような色味、
バランスがとてもよく、うれしくなりました。

 

 

この雑誌の『蘊蓄の箪笥』がとても面白いです。
今回は、もちろん「住宅」のうんちく。です。

 

 

 

 

ぜひ書店にて手に取ってみてください。
「小さな家の、ものがたり」
ひとくくりで「狭小住宅」とまとめられることが多いですが
その住宅によって、出来上がるまでのプロセスは様々です!

 

 

パークサイドスキニーハウスのブログはこちら>>>

 

 

 

 

 

住宅・品川2 | text by サノトモミ
パークサイド・スキニーハウス-LiVES

 

 

編集の方からお声がけいただき
お施主さんの全面ご協力によって
昨年秋に「パークサイドスキニーハウス」を取材していただきました。
そのときの様子はこちら>>>

 

 

 

取材後、何度か記事をやり取りさせていただいたものが
LiVES vol.103に掲載されました。

「2019 住みたい家コレクション」という特集です。

 

 

 

 

 

ライターさん・お施主さん・私共でざっくばらんにお話したことを
とてもよい感じにまとめていただき

 

 

 

 

お施主さんご家族の雰囲気が伝わってくる写真。

 

 

 

 

 

とてもよい記念になりました。

 

 

今回お声がけくださった編集の方
ご協力くださったお施主さん、
丁寧に工事してくださった工務店さんに感謝です。

ありがとうございました!

 

書店等でぜひご高覧ください!

 

 

パークサイドスキニーハウスのブログはこちら>>>

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅・品川2 | text by サノトモミ
パークサイド・スキニーハウス-雑誌取材

 

 

ご縁あって、某雑誌の方から取材依頼がありました。

写真も文章もとてもよい雰囲気でまとめている印象の雑誌なので
とてもうれしいお話でした。
(これまでもご縁あって何度か取材していただきました)

 

そしてお施主さんもお忙しいなか、取材にご快諾くださいました。
ありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく明るいご家族で、
撮影取材当日もそれを引き寄せるかのような快晴!

 

 

 

 

 

木漏れ日が気持ちよいなかの撮影+取材。
あまりに心地よく、途中、眠くなってしまいました・・・

 

 

 

 

 

編集の方とカメラマンさんがテキパキ撮影をしているなか、
お施主さんとライターさんと私共で家づくりのあれこれを
とても楽しくお話しました。

 

そのなかで、ライターさんからお施主さんに、
なぜアトリエハコにお願いしたのか?
実際お願いしてどうだったのか?
そして住み心地は?
などなど、設計側としてはちょっとドキドキする質問があったのですが

もう、本当に、感動するようなお話がでてきて・・・

はじめてメールでご連絡いただてからお会いしたとき、
実際に設計監理をご依頼いただいたとき
(お会いしたときからしばらく時間があってから設計のご依頼いただきました)
設計から現場・完成までの道のりを改めて懐かしく思い出しました。


家づくりは、お会いしてから完成まで最短でも1年ちょっとかかりますし
ご家族と二人三脚で作り上げて行くものなので、共有の思いはたくさん。
そして今回のように完成以降もお付き合いが続きます。

 

 

 

 

 

そういえば、はじめてお会いしたときから
ご主人の求めるもの、奥さんの実現したいもの、
ご夫婦のこだわりポイントは明確で
ご夫婦お互いを尊重していたのが印象的でした。

 

 

そのこだわり以外の部分は、私共を信頼して任せてくださったので、
色々スムーズに進み
ご夫婦と私共というコラボレーションでできた住宅だと思っています。

 

 

そして、改めて
それを実際に形にしてくださった施工会社さんにも感謝。

 

 

 

 

 

雑誌発売が近くなりましたらまたお知らせします!
とても楽しみです。

 

 

 

パークサイド・スキニーハウスのブログはこちら>>>

 

 

 

江東区, 東京都, JPのHouzz登録専門家七島幸之+佐野友美

 

住宅・品川2 | text by サノトモミ
パークサイド・スキニーハウス-Houzzで掲載されました

 

 

houzz(建築・インテリア等々に関するオンラインコミュニティサイト)の
『狭小地に建つ工夫に満ちた家11選』特集で
今年3月に完成した「パークサイド・スキニーハウス」が掲載されました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




トップバッターで取り上げられた写真は、
敷地南側の公園に面した外観。楽しそうな家族の風景。
我が家の庭と見立てて、 見晴台としての窓辺やテラスを設けました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

狭小地とひとくくりにしても同じ条件の敷地はないので
限られた敷地のなかで、
採光や風通しなどなど家族が気持ちよく過ごせるのはどうしたらいいか、、、
毎回、そのお宅に合ったものを考えています。

 

 

完成した住宅のお施主さんからは、とても広く感じる!とのお言葉。
お友達がいらして面積を伝えるとビックリされる、とのこと。

うれしい限りです。

 

 

 

photo by:Brian Sawazaki Photography    

    公園をめいっぱい取り込むようなかたち。

 

 

 

 

 

photo by:Brian Sawazaki Photography    

    1階の南側は、緑に埋もれたかのような主寝室。

 

 

 

 

 

photo by:Brian Sawazaki Photography    

    2階の南側はリビング。

 

 

    公園に張り出したような出窓ベンチに腰掛けたり。

 

 

 

 

photo by:Brian Sawazaki Photography    

    リビングの反対側(北側)にはダイニングキッチン。
    リビングから3段あがっているので、公園を望むこともできます。
    そしてここはここで居心地の良い場所。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

photo by:Brian Sawazaki Photography    

 

    3階南側は、水廻り+テラス。
    意外と過ごす時間が長い、水廻りでもあり家事スペース。
    気持ちよく過ごせるように特等席に設けました。

 

 

 

 

 

 

photo by:Brian Sawazaki Photography    

 

    そのほか
    各階が均質にならないようにしたり、抜けを意識したり、、、

 

 

 

面積ではあらわせない空間がそこには広がっています。

 

 

ブログはこちら>>>

 

 

 

 

住宅・品川2 | text by サノトモミ
パークサイド・スキニーハウス-水廻り

 

 

 

photo by:Brian Sawazaki Photography    

 

3階南側というとてもいい条件の場所に

水廻り(洗面・トイレ・洗濯機・お風呂)+テラスがあります。

 

 

 

 

 

この住宅の場合、2階でも十分環境がよいことから

2階は家族が集まるスペース・LDKを設置して

3階に水廻りを配置しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水廻りからひと続きのテラス。

洗濯物を干すのもラクラク。

家事動線としても使いやすいプランです。

 

天気の良い日はテラスに干しますが(屋根付き)

室内干もできるよう設えています。

 

 

 

 

photo by:Brian Sawazaki Photography    

 

 

少し贅沢感があるかもしれませんが、

南側3階という、どうしても暑くなってしまうスペース

とことでエアコンを設けました。

 

お風呂上がりはもちろん

洗濯物を干したり取り込んだり、家事をするスペースでもある場所。

室内も快適に過ごせるスペースとなりました!

 

 

 

 

住宅・品川2 | text by サノトモミ
パークサイド・スキニーハウス-3階ホール

 

 

 

 

 

photo by:Brian Sawazaki Photography    

 

 

ダイニング横から3階までの階段。
2階LDKのフローリングと同じバーチ集成材で階段を作っています。
スッキリアイアン手摺ですが、お子さんが小さいのでしばらくはネットを貼っています。

 

 

 

 

 

 

 

photo by:Brian Sawazaki Photography    

 

階段の吹抜部分の大きな壁には、お施主さんこだわりの壁紙。
これも発注ギリギリで再検討したほど迷ったところ。
ぱっと見ブルーですが、山脈のような蛍光ラインが面白い。
いくつか候補があったなかで、お施主さんご夫婦と私共全員の意見が一致したものです。


アクセント壁を思い切り採用すること、オススメです!

 

 

 

 

photo by:Brian Sawazaki Photography    

 

 

 

 

階段上がったところにはスタディスペース。
床と同じラーチ合板+白塗装拭取りで作っています。
当初ご主人のPCスペース予定だったのですが
伺ったときは、お子さんの勉強スペースに。

 

photo by:Brian Sawazaki Photography    

 


扉を開けるとお子さんの個室。

 

 

 

 

photo by:Brian Sawazaki Photography    

 

 

お子さん個室から。
南側には水廻り+テラスがあり、ドアを開け放すと風が通り抜ける3階です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

江東区, 東京都, JPのHouzz登録専門家七島幸之+佐野友美
住宅・品川2 | text by サノトモミ
パークサイド・スキニーハウス-ダイニングキッチン

 

 

 

 

photo by:Brian Sawazaki Photography    

 

リビングより3段上がったところにダイニングキッチン。
出窓を利用した背もたれ付のベンチを設けて、
そこをダイニングスペースとしています。

 

 

 

photo by:Brian Sawazaki Photography    

 

 

今まで持っていたお気に入りの椅子。
今回、Artek × mina perhonen スツール60 が加わりました。

 

ダイニングには、ケーブルをわざと垂らすのがかわいい照明。
ケーブルをどう見せるか、全体のバランス、、、とかなり検討した部分です。

 

 

 

 

photo by:Brian Sawazaki Photography    

 

 

キッチンの手元は隠したい、腰壁はグレー系がいいな、というご要望のもと
フレキシブルボードで囲いました。


キッチンは、大工さんの造作キッチン。
シンク側は、ステンレスバイブレーション天板(シンクも一体型でつなぎ目なし)
作業スペースの下にはAEGの食洗機。

コンロ側は、フローリングと同じ樹種のバーチ集成材のカウンターに+doのガスコンロ。
壁には飾りにもなる固定棚と吊戸棚を組み合わせています。

 

 

 

photo by:Brian Sawazaki Photography    

 

 

一番悩んだのがタイル。
もともと住んでいたお宅の玄関床にも様々な色味のタイルがセンス良く貼られていたので
その方向で進めることも検討したのですが、
キッチンという雑多な場所なのでうるさくなることも。

濃いめの色味で色々探し、深ーい緑+濃いグレーの目地に落ち着きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

photo by:Brian Sawazaki Photography    

 

 

キッチンシンクカウンターに立つと
ダイニング、そして3段差下がったところのリビングが見渡せます。
その先には公園の緑も。

 

 

ご夫婦共に日々お忙しく、お母さまが手伝いに来ることも多々。
そのお母さまにもキッチンは使いやすいと好評のようでよかったです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

江東区, 東京都, JPのHouzz登録専門家七島幸之+佐野友美
住宅・品川2 | text by サノトモミ
パークサイド・スキニーハウス-スキップフロアの2階

 

 

 

 

 

 

階段を上がりきったところがリビングスペース。

公園に前のめりな感じでめいっぱい開口を設けて、

光と風を取り込む作戦。

 

 

 

 

 

photo by:Brian Sawazaki Photography    

   

リビングからスキップフロアでつながるダイニングキッチン。

細長い平面ながら、耐力壁をまとめたことにより

間仕切り壁の少ないLDKとなりました。

 

 

 

 

 


  

 

photo by:Brian Sawazaki Photography    

 

ダイニング側から。少し高い位置にあるのでリビングを介して

公園を望むことができます。

 

 

 

 

 

 

 

photo by:Brian Sawazaki Photography    

 

 

スキップフロアなので見える景色が視線が

その場所その場所で変わり  

数字ではわからない広さを感じることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

江東区, 東京都, JPのHouzz登録専門家七島幸之+佐野友美

 

住宅・品川2 | text by サノトモミ
パークサイド・スキニーハウス-寝室

 

 

 

 

photo by:Brian Sawazaki Photography    

 

 

敷地南側に位置する寝室。
東・南は公園に面しているのですが、敷地境界には高さ2M程の高い塀。
普通の高さに窓を設けても塀が見えるだけなので
高い位置に横長の窓を設けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ベッドに寝転ぶと公園やご近所さんの緑や空が見える・・・
朝からお昼過ぎまで明るく緑が眩しい寝室になりました。

お施主さんが揃えたファブリックがセンス良くならび、
シンプルな空間のポイントになっています!

 

 

 

 

 

photo by:Brian Sawazaki Photography    

 

寝室近くの手洗いスペース。
トイレの手洗い、玄関から近いので帰宅時の手洗いでもあり
朝の忙しい奥さんの身支度スペースでもあり。
東に面しているので朝の光はばっちり。

 

 

 

 

 

お施主さんこだわりのタイル。
目地を入れてやっとタイル個々の微妙な色の違いがわかる繊細なもの。
タイルそのものだけをみると全て同じ色に見えてしまう・・・
施工が終わるまで、ドキドキでした。

 

 

 

photo by:Brian Sawazaki Photography    

 

 

照明器具も当初は器具そのものの形が特徴あるものだったのですが
最後の最後で、形はシンプルながら光が透けるタイプに変更。
色々要素が多いスペースなのでしっくり馴染んでいます。

 

 

その他、
コンセント・スイッチの位置や色、
カウンターの色の濃さ・木目の出具合、
この小さいスペースでもそれぞれこだわったところ。
計画中から現場に入ってもワクワク楽しんだスペースです。

 

 

 

 

photo by:Brian Sawazaki Photography    

 

手洗いの目の前にある、階段下トイレ。
(メイントイレは上階に)

 

 

 

 

照明スイッチがトグルスイッチだったり(この家でココだけ!)

 

 

 






 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

照明器具がTaigaLampだったり。
サブスペースながら、ここも手洗いスペース同様アイテムにこだわっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

江東区, 東京都, JPのHouzz登録専門家七島幸之+佐野友美
住宅・品川2 | text by サノトモミ
パークサイド・スキニーハウス-玄関

 

 

 

photo by:Brian Sawazaki Photography    

 

 

4畳半ほどの土間玄関。
玄関ドアを開けた目の前には、お施主さんこだわりのルイスポールセン・スィルク。


決して広くない家ですが、玄関が広いとおおらかなお宅に思えるので不思議。

 

 

 

 

 

photo by:Brian Sawazaki Photography    

 

 

 

ホールの床はラワン合板。

左側の白い壁に見える部分は、実は全て収納。
寝室にクローゼットは設けず、衣装持ちなご夫婦の洋服は全てここに収納しています。

 

平日は、生活時間が微妙にズレていることもあり、
お互いに気を使わず身支度もできるという意図も。

 

 

その奥(南側)が寝室。
その手前には、手洗いコーナー
(奥さんは忙しい朝はここで顔を洗ったり、お子さんが帰宅後の手洗いとして)
と階段下を有効活用したトイレ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

photo by:Brian Sawazaki Photography     

 

 

2階がスキップフロアになっているので、天井も高く確保。
北側玄関なので
玄関ドアの上も天井までめいっぱいの明かりとり窓を。

 

 

 

 

 

 

 

photo by:Brian Sawazaki Photography    

 

 

 

玄関は一部ロフトに。
以前の家にロフトがあり、お子さんの隠れスペースになっていたり、、、と
結構活用されていたので、今回のお宅にもあったらよさそうだと思ってご提案しました。


奥さまは、ここに畳を敷いて寝る!とおっしゃってくれています。


造り付けのハシゴもアクセントになってかわいい、です。

 

 

 

 

 

 

 

江東区, 東京都, JPのHouzz登録専門家七島幸之+佐野友美
住宅・品川2 | text by サノトモミ
| 1/2 | >>

 アトリエハコ建築設計事務所 
〒135-0047 東京都 江東区 富岡 1-1-18 富岡ビル
TEL:03-5942-6037 FAX:03-5942-6038
info@hako-arch.com www.hako-arch.com
江東区, 東京都, JPのHouzz登録専門家七島幸之+佐野友美