アトリエハコブログ

CALENDAR  RECOMMEND   ENTRY   CATEGORY   ARCHIVE   LINK  PROFILE 
東砂のレトハウスー階段

 

 

 

 

 

 

 

 

先月末、とうとう屋久島から
お施主さん+愛犬が引越してきました!

飛行機を乗り継いでの長旅。
無事到着できてよかった!

 

 

 

 

今回は、遠方からのお引越しということもあり

新規購入の椅子・家電搬入やネット関係の事前確認など
お施主さんの代わりに立ち会いました。
設計・監理業務とは関係ないこと・・・ということで
色々お気遣いいただきました。ありがとうございます。

お引越し当日も
屋久島からの引越しの荷受け(といっても段ボール15箱のみ!)
のためにお宅で待っていたので
到着後のパートナーの一部始終を見ることができてとても面白かったです。

 

 

 

 

 

 

計画当初から気になっていた、パートナーの階段問題。


このお宅を計画するにあたり、調べていたら、
ラブラドールレトリバーは、一気に鉄砲階段(身体が大きいから途中で曲がらない階段の方がいいという意見も)をのぼるそうなのですが、
個体差があるのか、
彼女に限ってはそうではなさそうとお施主さんから聞いていたので
スキップフロアのお宅を計画しました。

 

 

 

 

 

 

到着早々、1〜2階の「いってこい階段」を一気にのぼるパートナー!

よかった〜!!!
と、みんなで安心したのも束の間・・・

 

 

 

 

 

 

2〜3階の階段は頑として登らず・・・。


吹抜に面しているので手摺子を多く設け、
通常より蹴上を低く、踏面を大きく確保したので登りやすいはずなのに・・・

みんなで3階から声掛け。

 

 

 

 

 

 

それでもこんな感じ・・・
どうなることやら!?

 

 

 

 

 

 

まだ工事が残っており・・・
受注生産の椅子の搬入も9月頃・・・

と完全には落ち着かない日々が続くと思いますが
末永いお付き合いよろしくお願いします。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅 ・ 東砂2 | text by サノトモミ
東砂のレトハウスー椅子探し

 

 

 

 

 

 

 

パートナーを預かってもらわないと
なかなか現場に来ることができないお施主さんですが、
引越してきたときにすぐ生活できるように、と
家具・家電選びに屋久島から来られました。もちろん現場確認も。です。


家具といってもほとんど建築の本工事で造付けなので、主に椅子の選定。
椅子はネットやカタログでみても。。。
実際見て大きさや重さや座り心地を確認しないと本当にどれがよいかわかりません。
 

 

 

 

 

 

 

お好みや予算を聞いていたので、
事前にこちらで何カ所か家具屋をまわりメールでこちらのおすすめをお伝えしたりして
当日効率よく回れるようセッティング。
 

座面高さがほんのちょっと高い低いで座り心地は変わります。
実際にお施主さんに色々な椅子を試してもらった結果、
当初目論んでいたモノではない椅子になりました。

でも、こちらとしては是非オススメだったものなのでよかった。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々迷ったのですが・・・

基材(樹種・色目)は揃えて、それぞれ違う形の椅子を選定。
受注生産の椅子もあり。搬入は引越後、秋ぐらいになりそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、現場はというと、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

絶賛、鉄骨階段の取付中。。。

 

 

 

 

 

 

パートナーが安心して上り下りできるよう、
蹴上げ部分も塞ぎ、手摺の縦桟も多く取付け。
  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3階にあがったところは、オープンな洗面スペース。
実は我々の事務所兼自宅の洗面スペース>>>
をたいへん気に入ってくださり同じような設えに。
ちょうどこのお宅の目の前も緑がわさわさで、似た雰囲気になりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お施主さんにとっては、はじめての現場確認。
とても喜んでくださっていて、ホッと一安心。

 

引越ギリギリまでバタバタ現場は続きますが
引き続きよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅 ・ 東砂2 | text by ナナシマ
東砂のレトハウスー現場レポート

 

 

 

 

 

 

 

少し前の様子。床暖+モルタルが施された1階と2階。

 

一緒に住んでいるパートナー(飼い犬)が、一気に階段を上れないので、

ちょっとずつ上るようなスキップフロアを採用。

上から見るとフロアが入れ子状になっていて面白いです。

 

 

 

 

 

見上げると、吹抜け上部に天窓。

2階まで光がとどきます。

 

 

 

 

 

ダイニングキッチンとリビングも

少しの段差で程よい関係になりそう。

 

 

 

 

 

お施主さん拘り。

ドレーキップの木製建具、渋めの緑色です。

 

 

 

 

 

 

都営住宅の公園に面して、光と緑を思う存分享受できる

3階のプライベートスペース。

 

 

 

 

 

お風呂でパートナーを洗った後のため

(水に濡れると脱走する癖があるので、濡れたまま室内に行かないよう、

とりあえずバルコニーに行ってもらう作戦)でもあり、

普段はパートナーが遊べるよう、回遊できるバルコニー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GWも休日返上で職人さんが作業中。

引き続きよろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅 ・ 東砂2 | text by サノトモミ
東砂のレトハウス ー 祝上棟

 

 

 

 

 


現在は屋久島にお住まいの、お施主さんとナンシー(ラブラドールレトリバー)。

10年間の屋久島生活を経て、心機一転。

お施主さんが生まれ育った場所での、新生活のためのお宅です。

 

屋久島のような環境は望むべくもないですが、

そうは言っても、南側を都営住宅の公園に面した、とても気持ちよい敷地。

年末は、ケヤキの黄葉がとても綺麗でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年の夏の終わりに、屋久島に、打合せを兼ねてナンシーに会いに行きましたが、

  (   屋久島へ>>>  屋久島いろいろ>>>  )

その後、無事に工事契約。

年末に地盤改良工事に着手。

地盤の液状化に強い「砕石パイル工法」を採用しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

年明け早々捨てコン。

今回の敷地と、東・南側の隣地敷地との段差が大きく、

そのままだと1階は少し埋もれる感じに。

なのでスキップフロアにして、1階でもその段差を少しでも解消するように・・・

それが基礎の形状にあらわれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、配筋工事、基礎コンクリート打ち。

 

ナンシーをドッグランに連れて行く時に自動車を使うので、カーポートが必須。

建物下のピロティ部分の広さを確保する為に、片側門型ラーメンを採用していて、

その柱脚部分など、かなり精度を求められる現場となりました。

 

並行して事務所では、プレカット図のチェックやりとりを何度も。。。

 

 

 

 

 


 

 

 

そして、無事上棟日を迎えることができました。

 

今年一番の暖かさだった当日。春一番も。

暖かいのはありがたかったですが、超絶強風!!!での作業。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも滞りなく作業が進み、日が落ちる前に無事上棟!

 

お施主さんは遠方のため駆けつけることはできなかったのですが

職人さんのために差し入れを送ってくださりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引き続きよろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅 ・ 東砂2 | text by ナナシマ
東砂のレトハウス ー 屋久島へ

 

 

 

 

「ナンシー(レトリバー)のことを最優先に考えた家をつくりたいんです!」

 

最初にお電話で新居のご相談を頂いた際に、開口一番お施主さんがおっしゃったことば。

 

 

その後設計を開始して、色々な本でラブラドールレトリバーのことを調べたり、
また、お施主さんから、ナンシーとの日常生活を踏まえたご要望をお聞きしたりしながら
この二人(!?)暮らしの為の住宅がどういうものであるべきなのか、考えてきました。

 

ただ、お施主さんが事務所にお打合せにいらっしゃる時は、
ナンシーは連れてはこれず、ナンシーと私たちは会えないので、
イマイチ、解ったような解らないような・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、お施主さんが現在お住まいの屋久島へ・・・


今回は、遅めの夏休みも兼ねて、
私たちが屋久島に打合せに、ナンシーに会いに行きました。

 

 

お施主さん自宅からは、ヤシの木越しにモッチョム岳。
10年前、この景色を気に入って屋久島への移住を決めたそう。

 

 

 

 

 

 

 

広い土地に、平屋の住宅(ロフトあり)。

 

この住宅を建てるときはお施主さんが簡単な図面を書き、
地元の大工さんに建ててもらったそうですが
うまく伝わらず思い通りにいかなかったことが多々あったそう。
次回建てるときは設計事務所に依頼しよう!と常々思っていたそうで、
縁あって私共に声をかけていただきました。

 

今回、お施主さんのお言葉に甘えて、泊めていただき、
お施主さんとナンシーとの日常生活を密着体験です!

 

 

 

 

 

 

 

はじめましてのちょうど2歳になったばかりのナンシー。

 

玄関に入ったときは吠えましたが、すぐに慣れ、常にそばに。。。
座っているとモモに顔を乗せてきたり、キッチンにもお風呂にもトイレにもついてきます。
人懐こくてとてもかわいい!

 

でも、ダメというとそれ以上はしないし、柵があるところはそれを乗り越えたりはしない。

 

 

 

 

 

 

ひとしきり遊んで暑くなると、冷たいタイルの上に寝そべって休憩。
でもこちらがナンシーのことを話題にしているとピクッと起き上がったり。
こちらの言葉がわかっているような動き!

もちろん計画中の住宅にもタイルスペースは必須です。

 

 

 

 

 

 

 

ナンシーのケージ(掃除中や出かけるとき以外は入れないそうですが)やトイレ、
玄関まわりの散歩グッズも確認。
外の足洗い場まわりの状況も。

 

 

 

 

 

 

朝の散歩にも同行。
夏は暑くなる前に帰ってきたいそうで、
毎朝まだ薄暗い(東京より1時間日の出が遅いそう)5:30には出発。

 

 

 

 

 

 

 

 

滝を見たり山から海を眺めたり。。。
私たちが一緒だったので色々まわってくれたということもありますが、
2時間半くらいの散歩。
というよりちょっとしたトレッキング。

 

 

 

 

 

 

 

 

南国ならではの植生。
お施主さんの敷地にもバナナの木やハイビスカス、パイナップル!!!

 

 

 

 

 

 

毎朝、採れたてフルーツ!
そして、お手製のヨーグルトにパン、すももジャム、、、などなど美味しくいただきました!

 

 

 

 

 

 

ナンシーのこと、話には聞いていましたが、実体験して理解できたことが多々あり。
毛の抜け具合(食器棚には扉必須、など)。
どんなところにも入ってしまう(くぐり抜けてしまう)こと。
暑さ対策。などなど。
泊めて頂いたことで日々の過ごし方を実体験でき、今後の家づくりの参考になりました。


新しい家でも二人が快適に過ごせるように進めて行きたいと思います。

 

 

今回はお施主さんのおかげで、
普通の旅行では体験できない屋久島ライフを満喫できました。

 

 

 

 

 

東京に戻って既にナンシーロスです。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅 ・ 東砂2 | text by サノトモミ
東砂のレトハウス ー 鋭意設計中です

 

 

 

 


お施主さんとラブラドールレトリバー(ナンシー)の住まい。

私共の事務所としては、これまで猫や小型犬がいるお宅を設計したことはありますが
大型犬のいる住宅ははじめて。
 

 


お施主さんからはじめて電話でご連絡いただいた際も
とにかく愛犬が過ごしやすい家にしたい。と。

ラブラドールレトリバーについて色々調べて、第一回プランを考えました。

 






でも、、、調べて良かれと思って取り入れたことが、
ファーストプレゼンのときにお施主さんとお話するなかで
実はナンシーの行動には合わない・・・ということが多々あり。


お施主さんもナンシーより前にも同じレトリバーを飼ったことがあるそうですが
その子とナンシーは全く性格が違うそう。

犬種云々というより個体差が大きいようです。


 

 

 


新たに、ナンシーの性格・行動に合ったプランを検討中。
もちろんお施主さんのご希望も取り込みつつ。。。
お施主さんとしては、私共事務所のさまざまなアイテムを見て
ぜひとも取り入れたい!と思ったものがいくつかあるようです。うれしい。
 

 





 

   

ナンシーです(※お施主さん撮影)。


計画地は事務所からけっこう近いのに
お施主さんは遠方にお住まいのため、まだ愛犬ナンシーには会えていませんが
写真を送ってくれました。

 

 

 


引き続きよろしくお願いします!

 

 



 

 

 

 

 

住宅 ・ 東砂2 | text by サノトモミ
| 1/1 |

 アトリエハコ建築設計事務所 
〒135-0047 東京都 江東区 富岡 1-1-18 富岡ビル
TEL:03-5942-6037 FAX:03-5942-6038
info@hako-arch.com www.hako-arch.com