アトリエハコブログ

CALENDAR  RECOMMEND   ENTRY   CATEGORY   ARCHIVE   LINK  PROFILE 
東砂のレトハウスー取材

 

 

先日、雑誌取材があり、
久しぶりに「東砂のレトハウス」へおジャマしました。
お引き渡ししてからもうすぐ2年。
お施主さんと愛犬のための住宅でです。

 

 

 

 

 

 

「ペット特集」ということで愛犬にもモデルになってもらいたい!

愛犬とは初めましての編集の方もカメラマンも犬にとても慣れていて
愛犬も快く(!?)モデルになってくれました。

 

 

 

 

 

でもいざというとき(撮りたいアングルがあるとき)は
お施主さんの存在は偉大です。
こちらでは思うようになりません。
お施主さんの言うことはちゃんと聞いてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

愛犬が階段を上りやすいように、と、1〜2階はスキップフロア。
半階ずつあがっていきます。
2階リビングソファの愛犬と、キッチンに立つお施主さんの
視線の感じや距離感がとてもよいなと改めて感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お施主さんと愛犬の自然なやりとり。
普段の過ごし方が感じられる一コマでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

取材が終わってランチをご一緒したとき。
足元には愛犬が。
屋久島へおじゃましたときも、完成後お伺いしたときから変わらないこの光景。

 

 

 

 

 

そしてクタっとしたこの感じ。とてもかわいい。
おつかれさまでした!

 

 

取材を快諾してくだり、全面協力くださったお施主さん、愛犬、
とても感謝しております!ありがとうございました!

 

雑誌は5月中旬発売予定とのこと。
とても楽しみです。

 

東砂のレトハウス竣工写真はこちら>>>
ブログはこちら>>>

 

 

 

 

 

 

住宅 ・ 東砂2 | text by サノトモミ
東砂のレトハウス-お施主さんレビュー

 

 

 

愛犬ラブラドールレトリーバーと共に
屋久島から東京へ戻って来たお施主さん。
お施主さんは東京生まれ育ちですが、愛犬は初めて。

 

 

 

 

 

愛犬のための住宅をご要望でした。

犬にとっては庭付き平屋が理想だと思いますが
決して広くはない土地で、縦積みの住宅。

 

 

 

 

 

散歩から帰って来たときのシャワー、
庭はつくれないけど少しでも家の中と外を走り回れるようなテラス、
犬が涼めるタイル貼エリア、犬用洗濯機、
犬がいたずらできないような家具や棚の設置、
お風呂で体を洗ったあと一時的に避難させる浴室とひと続きのバルコニー、
ドッグランとしての屋上テラス、、、

 

 

 

そして建物の全体の構成を決めたのが
犬が上り下りしやすいようスキップフロアにしたこと。

 

 

 

そんなレトハウスにお住まいのお施主さんからのレビューです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

敷地13坪狭小レトハウス 

大型犬の飼い主には無くてはならないガレージ、
玄関テラスにはシャワー(温水)です。

スキップフロアで、さらに階段が吹き抜け、
室内がとても明るくて開放的。
建坪8坪という狭さ感じません。

家具もすべて作り付け。
購入した家具は椅子のみ。

床暖房冷房も低コストで、私的には快適な空間を得ました。

ただ相棒(愛犬)が何故かベランダと屋上には出てもらえず。。。
でも友達ワンコ(ゴールデン、ラブ)か来た時は
中1階とテラスでプロレスしています!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

想定どおりにいかなかった部分もあるようですが
家中走り回っている姿を見るとホッとします。

近々取材でお伺いするので、楽しみです。



これまでのブログはこちら>>>
竣工写真はこちら>>>
打合せ兼ねて訪れた屋久島ブログはこちら>>> とこちら>>>

 

 

住宅 ・ 東砂2 | text by サノトモミ
東砂のレトハウス-竣工写真・浴室まわり

 

 

3階のプライベートスペース。

 

 

 

 

 

タイル(サブウェイタイル)壁の向こう側は、扉もないトイレ。

その向かいには浴室。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

在来浴室。

浴槽は<KALDEWEI/Tform>FLN72、床壁天井はFRP防水です。

 

 

 

 

 

 

 

 

明かりとりと換気用に、屋内側にも窓。

 

 

 

 

 

階段から見た浴室の屋内側の窓。

ちょっとしたポイントになってかわいいです。

 

 

 

 

 

浴室からひと続きのバルコニー。

シャワーが嫌いな愛犬は、シャワー後、一目散に浴室から逃げ

濡れたまま室内を走り回ってしまう、、、というのが前の家での懸念事項。

 

そういった経緯もあり、お施主さんのご要望もあり、一時避難的に設けたバルコニー。

 

・・・なのですが、未だにバルコニーに出てくれないそう。。。

 

このバルコニーの出入口は、3ヶ所あり、

開け放すと愛犬がグルグル回れるように設えています。

小さい家ながらも、愛犬が気軽に外の空気も感じられるよう・・・

 

慣れて、自由に動き回ることを願います!

 

 

 

ちなみに屋久島時代と同様、朝夕の散歩は各1時間強とのこと!

ご近所で犬友もできて、一緒に旅行にも行ったりしているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

江東区, 東京都, JPのHouzz登録専門家七島幸之+佐野友美
住宅 ・ 東砂2 | text by サノトモミ
東砂のレトハウス-竣工写真・プライベートスペース

 

 

 

 

寝室・洗面・浴室・トイレのある3階。

お一人住まい(+愛犬)ということもありオープンなつくり。

 

2階からの階段を上がってきたところが洗面スペース。

奥は寝室です。

 

風通しもよく、光もよく入り、目の前の緑をめいっぱい感じることができる、

とても気持ちのよいプライベートスペースです。

 

東砂レトハウスのブログ>>>

 

 

 

 

江東区, 東京都, JPのHouzz登録専門家七島幸之+佐野友美
住宅 ・ 東砂2 | text by サノトモミ
東砂のレトハウスー竣工写真・2階

 

木造3階建てのレトハウス。

今回は、日常生活で一番滞在時間の長い、2階のLDKのご紹介です。

 



 

 

 

 

 

 

 

2階ダイニングキッチン。
ここの土地は、東・南側隣地より1M少し下がっているので、
1階が穴蔵感のある空間にならないように、1階と2階はスキップフロアとしました。
これは、一気に1層分駆け上がれないであろう、愛犬ナンシーのためでもあります。

 

 

 

2階リビング。
造付のリビングソファと、その横から3階へ上がる階段。
3段下がったところにダイニングキッチン。

 

 

 

2階リビング。
隣接する公園を見下ろす南側窓辺には、お施主さんのパソコンスペース。
そんなお施主さんをソファに鎮座するナンが見守ります・笑

 

 

 

引越し後すぐは、2〜3階にのぼらなかったナンも
お施主さん訓練のもと、今は、1〜3階を行ったり来たり。
ナンが怖がらないよう、蹴込板も入れ、手摺子も多く入れました。

 

 

 

2〜3階階段途中から、2階LDKを見下ろしたところ。
吹抜から1階も見えて、この家のヘソのよう。

 

 

 

 

 

一般的にワンちゃんにとっては平屋が理想的なのですが、
今回のお宅では、3階建てとせざるを得ない設計条件でした。

そこで、フロアを積層する空間構成ながら、
ワンちゃんにとっても上下移動がストレスにならない、
滑らかに連続する空間とすることを目指しました!

 

苦労の甲斐あって、
ナンシーは、いつもウチの中を縦横無尽に走り回っていて、
こちらのお宅に遊びにいくと、
ナンシーが上の階から一目散に迎えに下りてくれます!

 

 

 

 

 

江東区, 東京都, JPのHouzz登録専門家七島幸之+佐野友美
住宅 ・ 東砂2 | text by サノトモミ
東砂のレトハウス-竣工写真・1階

 

 

 

 

 

 

東・南の隣地から1M少し低い、この土地。

ガレージと玄関まわりは、道路からアクセスしやすいよう低いままですが

室内の1Fレベルは埋もれないよう、少し上がったスペースとしました。

 

 

 

 

 

 

 

道路レベルと同じレベルで、

玄関と玄関収納(少し大きめで愛犬用洗濯機も設置)を配置。

そこから半階上がったところは、

ゲストがいらしたときの寝る場所(とはいっても普段はオープンなスペース)

愛犬スペース(夏も涼しいようタイル貼のスペース)と、

そこから続くちょっとしたテラス(愛犬遊び場兼愛犬用の洗濯物干スペース)となっており、

普段の生活では通り過ぎるようなスペース。

入口と2階からのプライベートスペースの緩衝エリアでもあります。

 

 

 

 

 

 

 

ゲストスペースから。

普段はオープンですが、寝るときはカーテンで仕切ることができます。

 

左奥に見えるのが玄関。

ココより1M弱下がっています。

 

 

 

 

 

 

1階にはゲスト用のトイレも。

愛犬が涼む用のタイル貼エリアとひと続き。

 

 

 

 

 

 

 

1〜2階階段途中で皆の動きを確認する愛犬。
 

 

 

 

 

 

 

 

1階から階段室を見上げたところ。
ラブラドールレトリバーの愛犬は、

2〜3階の階段途中からのぞいています。
かわいい!

 

 

 

 

江東区, 東京都, JPのHouzz登録専門家七島幸之+佐野友美
住宅 ・ 東砂2 | text by サノトモミ
東砂のレトハウスー竣工写真・外観

 

 

 

 

 

昨年6月に完成した「東砂のレトハウス」。

お施主さんは、13年前に東京から屋久島へ移り住みましたが、
また新たに東京での新生活を送るための新しいお家です。
その名の通り、ラブラドールレトリバーも一緒。

 

ようやく写真家による竣工写真撮影を行いましたので
何回かにわけてご紹介します。

写真家は、アーバンアーツ/解良信介氏 です。

 

 

 

 

 

 

 

まわりを集合住宅等で囲まれた小さい敷地。

ここでお施主さんお母様が商店を営んでいましたが、
お施主さんと一緒にお母様も屋久島に移住したためその後はパーキングに。
でもまた、ココに戻ってくることになりました。

 

 

 


 

 

 

 

 

西側の道路側から。
ピロティ部分はガレージ。
写真左側の北側隣地とは同じレベルですが、南側隣地(都営住宅の公園)とは
1M以上のレベル差があります。

1階部分が埋もれた感じにならないよう、計画を進めました。

 

 

写真だとわかりにくいですが、四角い窓は、お施主さんのご要望により
木製サッシ!

色はダークグリーンで、庇の板金色もそれに合わせています。
ところどころあるバルコニー(私共の事務所としては珍しい)
にはある理由が。。。!!!これは後ほど。

 

 

 

 

 

 

 

江東区, 東京都, JPのHouzz登録専門家七島幸之+佐野友美
住宅 ・ 東砂2 | text by サノトモミ
東砂のレトハウスー階段

 

 

 

 

 

 

 

 

先月末、とうとう屋久島から
お施主さん+愛犬が引越してきました!

飛行機を乗り継いでの長旅。
無事到着できてよかった!

 

 

 

 

今回は、遠方からのお引越しということもあり

新規購入の椅子・家電搬入やネット関係の事前確認など
お施主さんの代わりに立ち会いました。
設計・監理業務とは関係ないこと・・・ということで
色々お気遣いいただきました。ありがとうございます。

お引越し当日も
屋久島からの引越しの荷受け(といっても段ボール15箱のみ!)
のためにお宅で待っていたので
到着後のパートナーの一部始終を見ることができてとても面白かったです。

 

 

 

 

 

 

計画当初から気になっていた、パートナーの階段問題。


このお宅を計画するにあたり、調べていたら、
ラブラドールレトリバーは、一気に鉄砲階段(身体が大きいから途中で曲がらない階段の方がいいという意見も)をのぼるそうなのですが、
個体差があるのか、
彼女に限ってはそうではなさそうとお施主さんから聞いていたので
スキップフロアのお宅を計画しました。

 

 

 

 

 

 

到着早々、1〜2階の「いってこい階段」を一気にのぼるパートナー!

よかった〜!!!
と、みんなで安心したのも束の間・・・

 

 

 

 

 

 

2〜3階の階段は頑として登らず・・・。


吹抜に面しているので手摺子を多く設け、
通常より蹴上を低く、踏面を大きく確保したので登りやすいはずなのに・・・

みんなで3階から声掛け。

 

 

 

 

 

 

それでもこんな感じ・・・
どうなることやら!?

 

 

 

 

 

 

まだ工事が残っており・・・
受注生産の椅子の搬入も9月頃・・・

と完全には落ち着かない日々が続くと思いますが
末永いお付き合いよろしくお願いします。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅 ・ 東砂2 | text by サノトモミ
東砂のレトハウスー椅子探し

 

 

 

 

 

 

 

パートナーを預かってもらわないと
なかなか現場に来ることができないお施主さんですが、
引越してきたときにすぐ生活できるように、と
家具・家電選びに屋久島から来られました。もちろん現場確認も。です。


家具といってもほとんど建築の本工事で造付けなので、主に椅子の選定。
椅子はネットやカタログでみても。。。
実際見て大きさや重さや座り心地を確認しないと本当にどれがよいかわかりません。
 

 

 

 

 

 

 

お好みや予算を聞いていたので、
事前にこちらで何カ所か家具屋をまわりメールでこちらのおすすめをお伝えしたりして
当日効率よく回れるようセッティング。
 

座面高さがほんのちょっと高い低いで座り心地は変わります。
実際にお施主さんに色々な椅子を試してもらった結果、
当初目論んでいたモノではない椅子になりました。

でも、こちらとしては是非オススメだったものなのでよかった。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々迷ったのですが・・・

基材(樹種・色目)は揃えて、それぞれ違う形の椅子を選定。
受注生産の椅子もあり。搬入は引越後、秋ぐらいになりそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、現場はというと、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

絶賛、鉄骨階段の取付中。。。

 

 

 

 

 

 

パートナーが安心して上り下りできるよう、
蹴上げ部分も塞ぎ、手摺の縦桟も多く取付け。
  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3階にあがったところは、オープンな洗面スペース。
実は我々の事務所兼自宅の洗面スペース>>>
をたいへん気に入ってくださり同じような設えに。
ちょうどこのお宅の目の前も緑がわさわさで、似た雰囲気になりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お施主さんにとっては、はじめての現場確認。
とても喜んでくださっていて、ホッと一安心。

 

引越ギリギリまでバタバタ現場は続きますが
引き続きよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅 ・ 東砂2 | text by ナナシマ
東砂のレトハウスー現場レポート

 

 

 

 

 

 

 

少し前の様子。床暖+モルタルが施された1階と2階。

 

一緒に住んでいるパートナー(飼い犬)が、一気に階段を上れないので、

ちょっとずつ上るようなスキップフロアを採用。

上から見るとフロアが入れ子状になっていて面白いです。

 

 

 

 

 

見上げると、吹抜け上部に天窓。

2階まで光がとどきます。

 

 

 

 

 

ダイニングキッチンとリビングも

少しの段差で程よい関係になりそう。

 

 

 

 

 

お施主さん拘り。

ドレーキップの木製建具、渋めの緑色です。

 

 

 

 

 

 

都営住宅の公園に面して、光と緑を思う存分享受できる

3階のプライベートスペース。

 

 

 

 

 

お風呂でパートナーを洗った後のため

(水に濡れると脱走する癖があるので、濡れたまま室内に行かないよう、

とりあえずバルコニーに行ってもらう作戦)でもあり、

普段はパートナーが遊べるよう、回遊できるバルコニー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GWも休日返上で職人さんが作業中。

引き続きよろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅 ・ 東砂2 | text by サノトモミ
| 1/2 | >>

 アトリエハコ建築設計事務所 
〒135-0047 東京都 江東区 富岡 1-1-18 富岡ビル
TEL:03-5942-6037 FAX:03-5942-6038
info@hako-arch.com www.hako-arch.com
江東区, 東京都, JPのHouzz登録専門家七島幸之+佐野友美