アトリエハコブログ

CALENDAR  RECOMMEND   ENTRY   CATEGORY   ARCHIVE   LINK  PROFILE 
東砂ロードサイドー完成間近です

 

 

 


幅員19mの4車線道路に面した、間口12m奥行3.5mの建物。

細長い平面の中に折り畳まれた螺旋運動、
建物長手方向の視線と交錯する朝夕の鋭い光。

ピクチャーウインドウに切り取られた街路樹、ロードサイドの風景。

地上と屋上を行き来する道行の途中に、様々な居場所と、
明暗・大小等の振幅・移ろいが組み込まれた住宅です。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一昨日の完了検査も無事指摘なく合格し、
今週末はいよいよオープンハウスです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日にち:4月23日(日)
時間:13時〜17時
場所:江東区東砂
東京メトロ東西線・南砂町駅から徒歩10分位

これまでの流れはコチラ>>>

ご連絡いただいた方に、案内図をお送りいたします。
吹抜や鉄骨ストリップ階段などがある住宅なので、
大変恐縮ながらお子さんはご遠慮いただきたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

住宅 ・ 東砂 | text by サノトモミ
東砂ロードサイド―オープンハウスのお知らせ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一昨年9月より計画を進めてきた住宅が間もなく完成します。

 

間口が広く、奥行が薄い建物。
モダンでスマートなものがお好みのご夫婦と愛犬のための住宅。

 

 

 

 

 

 

 

お引越し直前というスケジュールのなか、
お施主さんのご厚意により オープンハウスを開催させていただくことになりました。
ご興味のある方はぜひご覧ください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日にち:4月23日(日)
時間:13時〜17時
場所:江東区東砂
   東京メトロ東西線・南砂町駅から徒歩10分位

これまでの流れはコチラ>>>

ご連絡いただいた方に、詳細をお送りいたします。
吹抜や鉄骨ストリップ階段などがある住宅なので、
大変恐縮ながらお子さんはご遠慮いただきたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いまの現場の状況はというと・・・
3階から塗り進めてきた塗装もようやく1階の仕上げ塗装に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3層分の床と壁が全塗装なのですが、
基本色は、計画当初から奥さんの拘りで薄〜いグレー。
コア(と呼んでいる)部分は黒。(これは間取りが決まってから決定!)
二色使うことで空間に奥行感メリハリ感がでてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

現場も佳境。
塗装が終わったところから設備の器具付けなどもはじまり
早く養生がとれたところが見たいです。
たぶんギリギリだと思いますが。

 

 

最後までよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅 ・ 東砂 | text by サノトモミ
東砂ロードサイドー足場とれました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先月末、無事、足場が解体されました!

断熱材が充填された金属サイディング。

 

幅員19M、4車線の前面道路に、12Mの巾で面する建物。

遠目の視線に対して、建物の外壁面がすっきりした一枚の面として見えるよう、

サイディングの継目が目立ちにくい、横貼りを採用しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建物のボリュームをスパッと切り欠いたような玄関まわり。

スチール+ガラスでスッキリになる予定。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上階では、工場泣かせの異形サッシ。。。

 

外部テラスの階段勾配や内部の天井高さなどなど、、、鑑みながら

なかなか難しい寸法で、、、何度か作り直ししていただき、

サッシ枠は無事はまり、大工さんはそれに合わせて内部天井を作ってもらい、、、

あとはガラスがうまく入るのを祈るのみ。

 

これが完成したら、誰にも覗かれることのない、でも開放的なサニタリーが完成します!

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

その他、内部はというと、、、絶賛下地処理中!

パテ処理の状態です。

 

以前、服飾系のお仕事に携わっていたお施主さんが

このパテ処理のドット柄の感じがすごく好き!そのままでもよいかも〜!

とおっしゃっていたのを思い出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして床は、幅が細い、ウォールナットのフローリング。

 

平面寸法が3.5M×12Mという、かなり細長い建物なので、

きっと「細長さ」を強調した方が面白くなる!ということで採用!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お施主さん奥さんがキッチン固定棚の高さを確認中。

普段使いの棚、高さ的に届かないから飾り棚となる棚、、、

イメージしていただけたようです。

 

下部収納扉は、余ったフローリング材を扉面材に貼ることができそう。

それは仕上がりが楽しみ!です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうそう、一室が現場事務所のようになっています。

大工さんが私物のレンジなどなど持ち込んで快適に過ごせるスペースにカスタマイズ。

そこにお施主さんがお菓子箱を用意してくださっていて

10時頃と15時頃に職人さんたちがココに集まります。

 

計画の中では納戸のようなスペースが今は茶の間のようなスペース。。。

なんか面白い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引き続きよろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅 ・ 東砂 | text by サノトモミ
東砂ロードサイドーフライングカーペット

 

 

 

 

 

 

 

なんだか進みが早い気がします。

施工会社でもあるお施主さん。

現場監督に飽き足らず、大工さんの手伝いにとどまらず、FRP防水も手伝ったりしたそうで、

とても楽しくて仕方がない様子。

 

 

 

 

 

上の写真は、合板の段階から雨に濡れないよう保護して、

ケイカル板を貼り、防水を待つばかりの屋上。

 

まるで、何かのインスタレーションのよう。。。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

住宅密集地ながら、前面道路の幅員が大きいのと敷地形状が細長いという状況により、

うまい具合に、建築計画上最重要な部分の窓・ドアが「非防火」に!

 

サイズを制限されることなく、かなり大きな窓を設けることができました。

ちょうどその外には街路樹・・・ガラスが入るのが楽しみです。

 

 

 

 

 

 

先日は、久しぶりに事務所で、キッチンや洗面まわりの打合せをしました。

 

インテリアを白ではない色でまとめようと考えていることもあり、

どんな冷蔵庫にする?

(なかなかスマートな冷蔵庫が見つからない・・・ドアで隠すのはちょっと面倒)

・・・いっそ海外製にしてしまうか?

 

それはそうと、キッチン背面収納はどうする?

(でも結局、冷蔵庫が決まらないとこちらも決まらない)

・・・それじゃ、ダイニングテーブルや椅子はどうする?

 

・・・などなど、問題がどんどん膨らんで来て、なんだか結局宿題になりましたが、

お施主さんとイメージをすりあわせることができ、

今後の課題も明らかに出来た有意義な時間でした。

 

 

 

 

 

 

 

パッと見気付かないのですが、実はお施主さん自作の現場入口ドア。。。

 

 

 

 

 

 

 

住宅 ・ 東砂 | text by サノトモミ
東砂ロードサイドー秋晴れ。大安。上棟日和。

 

 

 

 

 

 


今回の住宅の大枠は、
細長い平面形状の3階建+屋上・ビルトインガレージ・スキップフロアといった内容。


以前は、このような場合は鉄骨造やRC造にしなくては成り立たなかったのですが、
「門型フレーム」を採用すると木造でも計画が可能になりました。

 

 

 

 

 


構造設計も検討にけっこうな時間を要しましたが、
現場に入ってもいつも以上に施工精度が求められ、
基礎コンクリート打ちから土台敷きまで現場はピリピリ>>>

 

 

 


でも実際の棟上げはいつもよりもサクサク組み立てられいく印象。。。
いつものホールダウン金物や羽子板ボルトがないのがまだ慣れずヘンな感じです。


それでも構造が複雑なところでは組み立てが難航したり、
現場の状況から材料は2階までしかクレーンで上げることができないので、
3階・屋上へは手上げ。

 

 

 

 

 


毎度ながら大工さん鳶さんのマンパワーに感謝です。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その日夕方からは上棟お祝い。

 

お施主さん行きつけのお店がそのまま現場に来てくれて、
その場で調理、できたてのお料理をいただく!という、
なかなかない貴重な経験でした。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後日、明るいときに現場確認と打合せ。


高低差ある屋上はやはり特別な場所になりそうです!!!
電車や首都高、そして時々飛行機も見えて・・・夏の花火も見えそう!
高さが出て俄然面白くなってきました。


今後が楽しみです。よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅 ・ 東砂 | text by サノトモミ
東砂ロードサイドー基礎まわり

 

 

 

地盤改良のあと、すかさず根切り→捨てコン→配筋。

夏の間、お施主さん自身のお仕事の関係で工事に着手できなかった鬱憤を晴らすかのような

怒濤の段取り。。。

 

 

 

 

 

早速、配筋検査。

今回は、門型ラーメンフレームなどもあり、必要地耐力が大きいので、

耐圧盤もダブル配筋、基礎梁もかなりごっつく、いろいろと複雑です。

 

 

 

 

 

 

瑕疵検査も無事にクリアし、基礎コンクリート打ち。

コンクリート強度試験用のサンプル採取なども。

 

面積は決して広くないけど基礎梁があるからか、コンクリート量は結構多め。

今回の基礎屋さん、それにしても、コンクリートのトンボ掛がとてもキレイでした。。。

 

 

 

 

 

そして、基礎立上りコンクリート打設を目前にして、アンカーボルトの設置。

ラーメンフレーム部分や建物の四隅など、構造的に大きく耐力が掛かってくる部分は、

土台を介さずに直接アンカーボルトと柱が接続する為、かなりシビア。。。

誤差が許されません。。。

 

 

 

 

 

監督さんが色んな治具を用いながら、

ピリピリ緊張しながら設置したアンカーボルトの位置を、現地で再確認・記録。

 

その情報は、すかさず構造設計者とプレカット業者さんと共有。。。

 

 

 

 

基礎立上がりコンクリート打設後、ついに現場に搬入された、

アンカーボルトの位置やピンの位置が座彫りされた柱材。。。

 

果たして、現場にピッタリ合うのか?

緊張が続く現場です。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅 ・ 東砂 | text by サノトモミ
東砂ロードサイドー柔よく剛を制す

 

 

 

地鎮祭が催されてから、

確認申請やら、自ら施工を行うお施主さんのお仕事が急に忙しくなるやら、

作業着手がしばらくお預け状態だった現場ですが、

いよいよ本日、地盤改良に着手です!

 

 

 

 

 

 

今回、実は地盤はあまり良くありません。

設計時、色々な地盤改良工法を検討したのですが、

構造設計者がなかなか首を縦に振りませんでした。

 

というのも、いわゆる「支持層」がかなり深いのに加え、

海に近い敷地だけあって地下水位が高く、いざ地震時には「液状化」のおそれあり。

 

仮にかなり深い支持層まで強固な杭を打ち込んだとしても、

いざ液状化が起こると途端に地盤が支持力を失ったり、

場合によっては強固な杭でも折れてしまったりする可能性が高いという、

かなり厄介な相手・・・

 

 

 

 

 

現場では、ドリルで既存の地盤の粘土を掘り出しています。

そして、掘り出した土を「あるもの」と置き換えるのですが・・・

 

その「あるもの」というのは、何と「砕石」!

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで、どんどん砕石を地盤に充填していき、

地中に、砕石による柱状体を今回は40本、構成します。

 

そう、今回の現場では「砕石パイル工法」という地盤改良工法を採用したのです。

 

砕石による地盤の締め固め効果と、

液状化の場合も砕石部分が水を逃がす効果、

砕石そのものは地中に柱状に存在しているだけなので地震時の地盤の揺れにも追従する、

まさしく目から鱗、「柔よく剛を制す」を地でいく工法。

 

 

 

そういえば、地盤改良工法にしては、

作業風景がとても地味(笑)で、いつになく静か。

だけど、砕石をギシギシ充填している作業を見ていると、実に納得。。。

 

 

 

 

 

 

さあ、次はいよいよ基礎工事!

今後の作業の進捗がとても楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

住宅 ・ 東砂 | text by ナナシマ
東砂ロードサイドー雨降って地固まる

 

 

 

 






















昨日の大雨がピタッと止んだ、梅雨の晴れ間。

作り手でもあるお施主さんのもとに、職人さんたちも駆けつけて、
本日、万難を排して地鎮祭です。

















お施主さんと出会ってから、長いようであっという間の9ヶ月でしたが、
これからは職人さんたちも加わったドリームチームで、
こだわりの家の完成を目指します!













 

 

 

 

 

住宅 ・ 東砂 | text by ナナシマ
東砂ロードサイドーキックオフ

 

 

 

 

 


9月はじめにメールでお問い合わせ頂いたお施主さん。

 

 

 

 

 

敷地確認をご一緒した後、設計がスタート。
 
そして現在、快調に設計検討が進行中です!






 








事務所から自転車で行ける距離。
ぽつんと植えられている街路樹が目印。
細長い敷地ではありますが、
3面道路に面していて(1つは私道)採光の面では条件がよいし、
4車線道路もあまり交通量はなさそう。
 




南北の2面の道路は、ご近所さんとの距離が近く、アットホームな感じの道路。
斜線など諸条件をクリアしつつ、
道路の往来と呼応するような横方向の変化や動き、、!?
そしてその面白さがチラッと?それともあえてわからないようにする???
いろいろと面白くできたらいいなぁ、、、

というのが敷地を見た時に感じたイメージ。
 






実際に敷地条件をチェックしてみると、
建物のボリュームはスッキリと立ち上げられそう。


最初のご要望は
ビルトインガレージ、
大きいお風呂、
花火が見える屋上をつくりたい・・・






細長い建物なので、建物の間口幅をそのまま部屋の幅として活かしながら、
空間が自由に色々な方向につながっていくような空間構成。。。

間取りは決まりつつあるので、これからさらに断面寸法を詰めたり、
いろいろとスケールアップして検討を続けたいと思います!











お施主さんご夫婦ともに土日は仕事が忙しいとのことで、
いつも打合せは平日の仕事を早めに切り上げた夕方から。

毎度、事務所での打合せ後、そのまま夕食を兼ねての懇親会。
アルコール付きでざっくばらんに毎度楽しいひととき。
ごちそうさまです。ありがとうございます。



お施主さんのお仕事のこととか諸事情で、少しゆっくりめの計画になりそうです。
それはそれでじっくり腰を据えて取りかかれてよい按配。
 
・・・とりあえずは、来年夏前の上棟が目標。
棟上げした屋根から花火を見ながら乾杯しよう!という感じです。






引き続きよろしくお願いいたします!














 
住宅 ・ 東砂 | text by サノトモミ
| 1/1 |

 アトリエハコ建築設計事務所 
〒135-0047 東京都 江東区 富岡 1-1-18 富岡ビル
TEL:03-5942-6037 FAX:03-5942-6038
info@hako-arch.com www.hako-arch.com