アトリエハコブログ

CALENDAR  RECOMMEND   ENTRY   CATEGORY   ARCHIVE   LINK  PROFILE 
梅ヶ丘の住宅ーオープンハウスのお知らせ

 





外回りのガレージと外構土間のコンクリート、進入防止のバリカー設置、
内部では家具の据付工事も終えた現場。 






先週末施主検査を行い、ただいま是正工事中です。

是正工事がひと段落したところで、
お施主さんのご厚意によりオープンハウスを行わせていただくことになりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日時:10月25日(日)11時〜16時
所在地:東京都世田谷区梅丘
構造:木造3階建て
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー









――――――――――――――――――――――――――――
約19.5坪の敷地に建つ、木造3階建てのガレージハウス。

外用壁面収納を備えた、ゆったりめのビルトインガレージ
自転車置場・ピアノコーナーを兼ねた土間玄関
リビングの延長として使えるインナーバルコニー
フルフラットの屋上テラス・・・

生活の為の基本的なスペースに加え、
上記のスペースの確保のために、
土地検討段階から施主・ASJ世田谷スタジオ・アトリエハコが協同し実現した住宅。

高度地区斜線制限に対して、ボリューム確保の上で有利な北側接道の土地。
道路斜線制限の緩和のための天空率検討や、
隣家との隙間に落ちてくる光を最大限取り込む採光上の工夫などにより、
外観からは予想出来ない最大限のスペースを獲得しています。
――――――――――――――――――――――――――――












ご興味のある方は所在地等をお知らせいたしますので 
事務所まで>>>ご連絡ください。 


特に、ガレージハウスのみならず
狭小敷地におけるスペースの有効活用をご検討の方には大変参考になる建物です。

是非ご覧下さい。







住宅 ・ 梅ヶ丘 | text by ナナシマ
梅ヶ丘の住宅ー完成目前










ガレージハウスをご要望なだけに、
住宅の外壁でも、マイカーに見劣りしない光沢・質感にこだわっていたお施主さん。
外壁材の選定には紆余曲折がありました。

最終的に採用が決まったのは、ガンメタリック色のリブ形状のサイディング。

サンプルで質感を確認した際は若干イカツイ印象だったのですが、
今回の建物は北を向いていて直射日光が当たることは少ないので
そこまでギラギラと下品になることは無いだろうと、お施主さんと決断。








果たして、実際に外壁に貼られた感じは、
天候や光の方向によって繊細に表情が変わり、予想以上に柔らかい印象。。。

現場すぐ前の地面に転がっている端材はかなりギラギラしているのに不思議・・・
材料が上手い具合に「化け」てくれました。













サイディングが貼り終わると、すぐにガレージのオーバースライドドアの取付、
そして外構工事と作業は続いています。

















内部のビニルクロス貼り・器具付けが終わったところで、
お施主さんと建物の内部のイメージを確認。

隣家との隙間に降ってくる日光をキャッチすべく設置したバルコニーも、
光溜まりとして予想以上の効果。
バルコニーにバウンドした光が柔らかい間接光となって、
室内を柔らかく照らします。








現場として残りの作業は、
キッチンの配膳カウンターや、下足箱、トイレの手洗いカウンターなどの特注家具。

竣工まであと少し。
ラストスパート、現場の皆さんの頑張りに期待です!





















住宅 ・ 梅ヶ丘 | text by ナナシマ
梅ヶ丘の住宅ー現場着々






 

  

 



上棟後早速、ルーフテラスの防水下地合板張りに着手。

今回の現場、とにかく段取りの良い監督さんに仕事が速い大工さん。
みるみるうちにFRP防水工事も完了し、周囲の外壁の合板も一通り貼られ、、、
目を見張る進捗です。






そして、上棟から若干日が空きましたが、上棟お祝い。

建物四方をお清めし、関係者一同で乾杯!
お施主さんと大工さんとの初顔合わせでもありました。


 



その後はお施主さんと一緒に建物内を確認。
お酒やお弁当やお菓子などのお土産もいただき、ありがとうございました。















 
今回の住宅は、南・東・西面を隣家に取り囲まれた北側接道のお宅。

1階のガレージ、2階のLDK、3階の個室それぞれの天井高さをきっちり確保しながら
フルフラットの屋上も必要というシビアなご要望に対して、
建物のボリューム確保の点では有利なのですが、
採光の確保がなかなか悩みどころ。。。

建物南側の窓は南側隣家に日光を遮られがちなので、
東側隣家との隙間に降ってくる日光をキャッチすべくバルコニーを設置して、
そこにバウンドした光が室内から感じられるような設えを試みています。













そして、何よりもご主人こだわりのビルトインガレージ。
それに続く広めの玄関。
ガレージは、間口寸法・天井高さ・開口部高さそれぞれ最大限の寸法を確保しており、
ご主人のマイカーが入ったところを見るのが本当に楽しみです。



今回は土地探しの段階からお付き合いさせていただいていたので、
お施主さんならではのフルスペックのご要望が叶いそうな土地かどうか比較検討したり、
車が入るための柱がない大きな空間を確保するために特殊な構造方法を採用したり、
土地取得〜設計の全てを通して一本の筋書きのようなプロセス。
 
現場の皆さんもその実現に向けて進んでいます。
引き続きよろしくお願いします!
















 
住宅 ・ 梅ヶ丘 | text by ナナシマ
梅ヶ丘の住宅ー威風堂々

 





 



梅雨の晴れ間、現場への路地。
行く手に見えるクレーンのブーム、本日建て方です。


 

 


 




今回の敷地、前面道路の間口中央にNTTの支柱あり。

建築工事の終了後、道路片隅に移設予定ではあるものの、
工事中は支柱やこれに取り付いている電話線やら何やらが何かと邪魔になって大変
・・・という訳で強力な助っ人。

現場前に横付けされた資材を軽々と吊り上げ、どんどん場内に搬入。
現場の大工さん鳶さんも段取り良くテキパキと作業が進み、
1階のビルトインガレージ、2階のLDKまで、お昼前に終了。




 




それにしても、
『柱・梁の吊込み→組み立て・歪み直し→金物取付け→床合板の吊り込み→合板貼り』
というサイクルが各フロアごとにテキパキと進み、まるで工場のライン、、、の反面、
必要に応じて柱・梁の組み立ての際にもクレーンで梁を持ち上げたり、の融通無碍。。。

職人さんにとっては当然なのでしょうが、無駄な作業が全く無く、
流れるような仕事の進め方は見応えがあります。
とても一品生産の住宅を作っているようには見えません。

















そうこうして、おかげさまで無事上棟。
敷地の規模を感じさせない、なかなかの迫力の、堂々とした佇まい。

これからの現場の進捗がとても楽しみです!
 









住宅 ・ 梅ヶ丘 | text by ナナシマ
梅ヶ丘の住宅ースタートダッシュ










現場に搬入された、地盤改良の為の先端羽根付き鋼管杭。

今回は、既に工場で先端に羽根が溶接されたタイプ。
というか、羽根というよりは円盤状の極厚プレート。。。
杭先端の形状がスクリュー状でない分、これは打設が大変そうですが、
とにかくこの厚さ、見た目安心感があります。












杭を正回転・逆回転させながら、打設重機の重量を掛けながら、
打込み角度を左右に振って位置を修正しながら、、、の杭打設。

合計23本の杭を、地中約4.3Mの深さまで、
所定の杭頭高さを管理しながら、順次打ち込んでいきます。














地盤改良の後は、いよいよ基礎工事。
やり方確認(建物の位置の確認)を終えて、鉄筋の配筋に着手。






1階は玄関まわり以外、
ワンボックスワゴンがまるまる収まるビルトインガレージ。

建物中央にまとまったスペースを確保する必要に対応して、建物端部に袖壁耐力壁が林立。
袖壁の奥行きが深くなりすぎると、ガレージが狭くなり収納としても使いにくいので、
今回は、長さ455mmで壁倍率7倍の確保が可能な認定工法を採用しています。






袖壁耐力壁の延長線上には基礎梁が入るものの、
ゆったりスッキリした印象の基礎配筋。
コストを考慮して鉄筋量を抑え、配筋種類を減らすことにより施工性の向上を図った、
必要十分の配筋計画です。









これまで、段取り屋の監督さんの尽力のおかげで
工事請負契約、確認審査終了後、間髪入れずに工事が進んでいます。

今後の基礎コンクリート打設以降も、この調子でお願いします!








住宅 ・ 梅ヶ丘 | text by ナナシマ
梅ヶ丘の住宅ー土地お清め






はじめてお会いしたのは、昨年3月はじめ。
そのときはまだ土地も決まっておらず、そこから幾つかの土地について
お施主さんと一緒に検討しました。

ビルトインガレージ、3階建て、屋上テラス、、、
というお施主さんのご要望を満たすためには
有効に高さが確保できる敷地が必須。。。


最終的には、面積は若干小さく周囲を隣家に囲まれていながらも、
高度斜線規制上建物ボリュームの確保に有利な、整形で北側に道路がある土地に決定。








土地が決まってからは、道路斜線制限をかいくぐりながら必要なスペースを確保すべく、
天空率による緩和を有利に使える建物ボリュームの検討につぐ検討・・・

A案〜I案まで様々な形状の建物ボリュームの検討を行った後、
更に有利に緩和を使うべく民間確認検査機関に事前協議を行うなどを経て、
実施設計がまとまりました。








この週末、着工に向けて土地のお清めを行いました!
お施主さん、工務店さん、設計事務所が一同に会するよい機会。

本日無事に確認申請もおり、いよいよ!


現場はまずは地盤改良から。
我々は奥さんのご要望にぴったりフィットするキッチン収納になるよう引き続き検討です。




完成までよろしくお願いします!









 
住宅 ・ 梅ヶ丘 | text by サノトモミ
梅ヶ丘の住宅ー晴れてキックオフ



最初にお施主さんとお会いしたのは今年3月。
そのときは家を建てる計画はあり、住みたいエリアは決まってはいたものの
土地はまだ決まっていなかったお施主さん。

お施主さんが不動産屋さんといくつか土地を探していく過程から
お手伝いさせていただきました。



私たちも実際いくつか土地を見に行ったりして、、、







ビルトインガレージにしたい、3階建て、、、と要望を考えると
敷地の間口がそれなりに必要だったり、
建物のボリュームとしても色んな斜線がかかるなか
なるべく大きくとれる敷地のほうがいい。









とかく数字で判断してしまいがちですが(もちろん目安にはなりますが)
物理的な条件・・・今回の場合は、ビルトインガレージが確保できる間口か、
3階建で計画した際に多少斜線で削られるにしても必要最低限の空間が確保できるか・・・
がクリアできていれば

敷地面積が多少小さめでも住宅密集地でも、
光をうまく取り入れたり、風の通り道をつくったり・・・
内部の環境計画は後からいくらでも工夫できるもの。









今回も敷地の三方は住宅が接近していますが、
南側だから窓をつける、、、ではなく、
効果的に窓をつけたり一部吹抜にしたり
プライバシーが確保された余剰空間をつくったり
閉じられたなかでもなかなか面白い空間になりそうです。



「いろいろな条件や要望があるなかでの計画だけど、
他にはないアイデアがあればどんどん取り入れていきたい!」
と、設計契約時にお施主さんがおっしゃてくださいました。
励みになります。
この住宅ならではの設えとなるよう進めて行きたいと思います!





 
住宅 ・ 梅ヶ丘 | text by サノトモミ
| 1/1 |

 アトリエハコ建築設計事務所 
〒135-0047 東京都 江東区 富岡 1-1-18 富岡ビル
TEL:03-5942-6037 FAX:03-5942-6038
info@hako-arch.com www.hako-arch.com