アトリエハコブログ

CALENDAR  RECOMMEND   ENTRY   CATEGORY   ARCHIVE   LINK  PROFILE 
本町の住宅 ー 光と風の井戸

 

 

 

 

 

間口約4M・面積約14坪の敷地に建つ、本町の住宅。

 

以前のブログで、この住宅で採用したアイデア

フレームワーク

オープンプラン 

をご紹介しましたが、今回は、住宅の快適性に深く関わるアイデアのご紹介。

 

 


 

本町の住宅は、いわゆる狭小敷地というのに加え、

ご覧の通り、敷地奥は三方を高さ10M以上の隣地建物に囲まれています。

 

外壁に窓を設けても、隣地建物との間の空間が狭くなってしまうので、

有効な採光が期待できません。

 

そこで目をつけたのが屋根。

自分の家の屋根の北側部分は、隣家の日影に入ることがほとんどありませんので、

ここから光を取り込むことを考えました。

 

 

 

 

更に、屋根に設けた天窓の直下には、吹抜けを設置。

天窓と吹抜けをワンセットで活用することにより、

取り入れた自然光をまるごと、2階のダイニングキッチンに導きます。

 

天窓を開けると、天井高さ5.5Mの空気の温度差により重力換気も促され、

家全体に空気の流れが発生します。

 

 

 

 

そうやって、完成したインテリア。

通常、建物の北側奥は薄暗いものなのですが、

この住宅では明るい陽射しが射し込んでくる、快適な空間に。。。

 

 

 

 

 

 

建物北側奥の白い壁面のレフ板効果により、

照度を抽出されたような柔らかい光。

 

少し大袈裟ですが、

住まい手が「世界の中心」と感じられるような空間になったのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本町の住宅が、architecturephoto.net で紹介されました。
architecturephoto.net のサイトはコチラ

 

是非ご覧下さい。

 

 

 

 

住宅 ・ 本町 | text by ナナシマ
本町の住宅 ー オープンプラン

 

 


 

本町の住宅の設計において、

開放的で気持ちよい生活空間をつくるために、心がけたこと。

それは、オープンプランです。

 

 

 

 


 

間仕切りを極力排した、それぞれの場所がずるずると連続していくプラン。

そういう大らかな空間の作り方をすると、

日常的な様々な行為の際に、窮屈な寸法を感じなくて済むので、ストレスがありません。

 

 

 

 

 

・階段が建物中央に配置された、廊下が不要な空間構成

・螺旋階段がそのまま部屋に呑み込まれたような、連続するような床の設え

・建物の幅をそのまま部屋の大きさとして感じられるような間取り

 

 

それぞれの細かい工夫は、書き出してみるとそれほど特別なことではないのですが、

結果としての空間の総体は、

建物内を移動する度ごとに感じられる、この住宅ならではのシークエンスの楽しさと、

空間の連続性がもたらす一種独特のバリアフリー感。

 

これらは、なかなか他では得難いものになったのではないかと、思います。

 

 

 

 

 

 

本町の住宅が、イギリスの建築ウェブサイトdezeenで紹介されました。
dezeenのサイトはコチラ

 

竣工写真はコチラ

 

 

是非ご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅 ・ 本町 | text by ナナシマ
本町の住宅 ー フレームワーク

 

 

 

戸建住宅やアパートなどが建て込んだ昔ながらの風情が残る住宅地のなか、

間口約4M・面積約14坪の敷地に建つ、4人家族の為の住宅。

 

 

 

 

限られた敷地のなか、何よりもまず、

意味のある使える生活空間を最大限確保することを優先しました。

 

敷地は、許容建蔽率60%、許容容積率は前面道路の幅員より160%。

 

そこで、まず建物の全体の大枠を、

建蔽率(60%)の床を3層積んだ180%分の面積の建物ボリュームとして設定。

その中で、許容容積160%を超過する分(20%)の面積調整においては、

床面積の削減により、むしろ内部空間に豊かさがもたらされるような方法を探りました。

 

 


 

 

 

・2階ダイニングキッチン上部の吹抜け

・1階玄関前アプローチのポーチ

 

そうやって出来た、これらの空間。

建物に光と風の通り道を作り出し、周辺環境との間に一定のゆとりを作り出す

効果をもたらすと同時に、この住宅の個性を担っています。

 

 

 

 

竣工写真をアップしました>>>

是非ご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅 ・ 本町 | text by ナナシマ
本町の住宅ーTV東京「完成!ドリームハウス」放映

 




早いもので、お引き渡しからもう2ヶ月。

お引き渡し後に現場を後にした時の、立ち去りがたく甘酸っぱい感情が
まだまだ抜けきらない・・・

お引越後、何度かお邪魔をしていますが、
お施主さんご家族が気持ちよく暮している感じに、
胸を撫で下ろしている今日この頃ではあります。















実は、縁あって声をかけていただき、お施主さん全面協力のもと
来週10/12(月・祝)18時57分〜
TV東京「完成!ドリームハウス」で放映されることになりました。
<本町の住宅は、20時48分〜放映予定です>

お施主さんには、現場を通して長い期間に渡って取材・撮影に対応して頂き、
本当に頭が下がる思い。

お施主さんと現場の皆さんといろいろとご相談しながら作り上げてきた空間の、
楽しさや気持ちよさ、快適さなどが、少しでも伝わる番組になっていればと。。。















------------------------------------------------------------------------------------------------------

都心に近い密集住宅地。
決して広くはない敷地面積のなか、
家族4人が住まうことを存分に楽しめる住宅を目指しました。


家族の生活に必要な各部屋を 
中央の階段を介して柔らかく繋げました 。

天井高さや光の取り入れ方などそれぞれニュアンスの異なる空間と 
それらをつなぐ居場所としての階段 。

周辺を近隣家屋に取り囲まれているとは思えない、
シークエンス豊かな、光に包まれたインテリアの住宅です。 

------------------------------------------------------------------------------------------------------











番組制作の都合上、「狭小住宅」という括りで、
このことを前面に打ち出した番組構成になっているかもしれないのですが、
そんなことは関係なく、この場所で得られる「豊かさ」を純粋に追求したお宅です。


是非ご覧下さい。























住宅 ・ 本町 | text by ナナシマ
本町の住宅ーオープンハウス後記







工事が無事終了し、スッキリした現場。
今後、お施主さんの友人である植栽デザイナーさんが
アプローチ周りの植栽を施すことになりますが、
とりあえずは、区役所手配による前面道路セットバック工事を待つ状況。











最後まで施工方法などを粘り強く検討していたガス管パイプハンガーや、
お施主さん手配による洗面所の鏡なども、無事取付終了。

















本日、オープンハウス!
お施主さん自ら、前々日から徐々に家具や食器・雑貨などなどセッティングしてくださり
より生活をイメージできるような空間を作ってくださいました。













当日は雷雨かも!?という予報ははずれ、晴天、とっても暑い一日。

お施主さんが飲み物や軽食をご用意くださり、
お施主さんのお友達やお仕事関係のお知り合いなどなど、、、
私たちも計画中のお施主さんや同業の知人など、暑い中お越しいただき、




これはまだまだ序盤。

お施主さんもおっしゃっていましたが、一時カオス状態に。
色んな方とひっきりなしにお話しさせていただいていたので
飽和状態な写真がありません。。。

広めの土間玄関が靴いっぱいになる大盛況。





「外からみた間口からは想像できないくらい、内部は広がりがある」
「それぞれの素材が面白い!」
「窓がたくさんある訳ではないのに明るい!何で?」
「元気がでた!」とかとか

・・・いろいろ感想をいただきました。












知らず知らず人と人とがつながっていて・・・とても面白い時間になりました。

オープンハウス開催を快諾してくださり、
そのためにいろいろご準備くださったお施主さん、
またオープンハウスに合わせ工事をしてくださった監督さん・職人さん、、、
本当にありがとうございました。













 
住宅 ・ 本町 | text by サノトモミ
本町の住宅ー完成目前


















現場はいよいよ完成目前。
今週末は、オープンハウスです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
日時;8/2(日)11:00〜17:00 
場所;東京都渋谷区本町 
規模;木造3階建て 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

ご連絡いただいた方に詳細をお知らせいたしますので 
事務所まで>>>ご連絡ください。 








都心に近い密集住宅地。
決して広くはない敷地面積のなか、
家族4人が住まうことを存分に楽しめる住宅を目指しました。



家族の生活に必要な各部屋を 
中央の階段を介して柔らかく繋げました 。

天井高さや光の取り入れ方などそれぞれニュアンスの異なる空間と 
それらをつなぐ居場所としての階段 。

周辺を近隣家屋に取り囲まれているとは思えない、
シークエンス豊かな、光に包まれたインテリアの住宅です。 















お施主さんのライフスタイルを反映したシンプルな造作キッチンや、
こだわりのデッドストックのウォールキャビネットなども見もの!

この機会にご高覧いただき、ご意見いただければ幸いです。
















 
住宅 ・ 本町 | text by サノトモミ
本町の住宅ーオープンハウスのお知らせ














外壁の板金工事が終了し、ようやく足場も撤去。
外回りの細々とした作業が、急ピッチで進められている完成目前の現場。。。

お施主さんのご厚意により、オープンハウスを開催させていただくことになりました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日時;8/2(日)11:00〜17:00
場所;東京都渋谷区本町
規模;木造3階建て
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

ご連絡いただいた方に詳細をお知らせいたしますので
事務所まで>>>ご連絡ください。





 




雨が多かった4月、梅雨らしい梅雨、、、明けたと思えば猛暑続き。
現場にとってはなかなか予定どおりに進まず、大変だったと思います。 

その影響で工期が延びましたが、
お施主さんは「無理せず丁寧に最後までやってほしい」とおっしゃってくれました。 


また、いつもはお引渡し直前にオープンハウスを行わせていただくことが多いのですが、
今回は、お施主さんご自身がこだわって選んだ家具なども入れた上で、
生活空間がよりリアルにイメージできる状態でいろんな方にみていただきたい!
というお施主さんのご提案で、お引渡し後引越し前に開催させて頂けることになりました。










都心に近い密集住宅地。
決して広くはない敷地面積のなか、
家族4人が住まうことを存分に楽しめる住宅を目指しました。



家族の生活に必要な各部屋を
中央の階段を介して柔らかく繋げました 。

天井高さや光の取り入れ方などそれぞれニュアンスの異なる空間と
それらをつなぐ居場所としての階段 。

周辺を近隣家屋に取り囲まれているとは思えない、
シークエンス豊かな、光に包まれたインテリアの住宅です。 










この機会にご高覧いただき、
ご意見いただければ幸いです。











 
住宅 ・ 本町 | text by サノトモミ
本町の住宅ー光・白・空

 










現場は竣工までいよいよ待った無し。
梅雨の影響で外装工事が遅れがちの状況ですが、
内部には内装材が貼られ、光がインテリアに差し込む感じなどが確認出来る状況に。














建物の周囲を近隣家屋に取り囲まれた周辺条件の中、
近隣家屋から一切遮られることの無い、建物北側屋根に取付られた天窓から差し込む光が、
ちょっとドキッっとするくらいの眩しさ。













大工さんの連続ネジに興味津々の様子。。。



















今回の住宅では、
建物内部奥まで光が廻っていくように天窓と吹抜けをワンセットで分散的に配置し、
また、これらの効果をより高めるため、白の内装を徹底しています。
















屋上は手摺の取付が終了し、
外壁・笠木の板金が張られるのを待つばかり。

このままピーカンが続いて、工事が順調に進みますように。















住宅 ・ 本町 | text by ナナシマ
本町の住宅ー現場佳境






もう何物件もお付き合いのある棟梁、
オシアゲリノベ高円寺リノベ板橋リノベ、その他物件でも助っ人で来てくれたり)

この1ヶ月くらい休みなしで毎日遅くまで仕事をしてくれているそうで
・・・もちろん音が出る作業は時間を見計らって作業してくれているそう
仕事の伸びがすさまじいです!感謝。







天井がちょっと変わった形に切り取られ、




子供スペースにも間仕切りが・・・

限られたスペースのなかでの細かい工夫の数々・・・
作る側からすれば、大変な作業だと思いますが、
ますます出来上がりが楽しみになってきました!








若い監督さんも細かいところに色々気付いてくれて、ご自身自ら作業も・・・
本当にありがたいです。




先日は建具屋さんが定例に参加。

すっきりした住宅にしたく、建具の引き残しを無しにしたい意向を伝えたところ
棟梁は既にそのつもりで準備してくれていて
建具屋さんはそのまま採寸。

今回はいつもとは違った仕上げの建具なので、出来上がりがとても楽しみ!







それから塗装屋さんも。

オイル塗装してもらうところ。
壁に合わせて塗りつぶしてもらうところ。

特注スチール玄関ドアの塗装は、
他のサッシとなるべく同じ色にしたいのでサンプルをお願いしました。


これまで何件もお付き合いしている職人さんたちだけに
こちらの気になる点もツーカーで伝わり、
本当に安心して任せています。
















そして、今日は助っ人でお馴染みのS大工が作業してくれていました。

なんだかんだ半年ぶりくらいにお会いして、
休憩時間には、いま携わっている仕事のことからくだらないことまでいろいろお話し、
ちょっと息抜きのような楽しいひとときでもありました。









梅雨でいろいろ思うように作業が進まない時期ではありますが
最後までよろしくお願いします!!!









 
住宅 ・ 本町 | text by サノトモミ
本町の住宅ー現場上々






雨が多かった4月、なかなか思うように現場が進みませんでしたが
柱梁の骨格から合板が貼られ、鉄骨階段の支柱が入ったり
着実に進んでいます。






そんな中、ちょっと久しぶりにお施主さんと現場で打合せ。
毎回差し入れをありがとうございます。






コンセントやスイッチの位置を再度確認・・・
設計時に決めた位置よりココの方がよいかも!?と現場に入って気付いた箇所などなど。













外壁のもろもろ・・・
お施主さんご希望のイメージを確認するため
工務店さんにも色々サンプルを用意してもらいました。






今回採用するのはガルバリウム鋼板で、横貼りにするのは決まっていたのですが。。。

搬入できる長さの限界があるため、継ぎ目をどうするか?
継ぎ目がランダムな一文字葺きにするのか、それともミニマルな横葺きか?
それから、コーナーはどう納めるか?

お施主さんの求める「小屋っぽさ」はどっち???



日頃からディテールに関わるお仕事をしているだけに目が肥えていらっしゃる・・・
色(素材)も継ぎ目もコーナーも即決でした!













打合せ後は久々の屋上。
密集した住宅地ですが、ココだけは宙に浮いたような、
空飛ぶじゅうたんのような不思議な浮遊感。


引き続きよろしくお願いします!











 
住宅 ・ 本町 | text by サノトモミ
| 1/2 | >>

 アトリエハコ建築設計事務所 
〒135-0047 東京都 江東区 富岡 1-1-18 富岡ビル
TEL:03-5942-6037 FAX:03-5942-6038
info@hako-arch.com www.hako-arch.com