アトリエハコブログ

CALENDAR  RECOMMEND   ENTRY   CATEGORY   ARCHIVE   LINK  PROFILE 
門前仲町ビルリノベーションーLiVES掲載

 

 

 

 

 

 

 

 

完成してもうすぐ3年になる事務所兼自宅が

LiVES vol.91 巻頭特集「挑戦する家」P20〜23の見開き4ページで掲載されました。

 

 

 

 

 

 

 


挑戦する、、、色々あると思うのですが、うちの場合は、超狭小だということ。

建坪5坪ながら5層、と言えども

1階上部は吹抜だったり、5階は半分が屋上テラス、、、と

自分たちがこれまで手掛けた住宅と比べても、建坪・床面積ともに最小クラス。。。

 

 


 

ですが、建物の3面が開けている(道路や川に面している)という周辺環境や

吹抜などの”抜け”を活かして内部のつくりも工夫すれば快適に暮らせる・・・

と思っています。

取材時そのようなことをざっくばらんに色々話したことを

ステキにまとめてくださり、雰囲気ある写真を撮影してくれて、うれしいかぎり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LDKは、気持ちよく料理をするために川を向いた形のキッチン。

狭いけど来客も多いので、

このキッチンまわりに座れるようなダイニングテーブルも兼ねた設え。

 

 

LiVESサイトのトップ写真は、なんと!このLDKの写真>>>

FBのトップ写真も同じく。うれしいです>>>>>>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プライベートフロアは、

2M×2M寝床とシャワー・洗面の水廻りとウォークインクローゼットが集結。

平面も縦方向もパズルのように組み合わせました。

家族構成にもよりますが、これが、ほんと、便利!で快適!

 

 

 

 

 

 

 

 

LiVES vol.91 、是非手に取ってご覧下さい!

 

完成写真はこちら>>>

ブログはこちら>>>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リノベーション ・ ビル ・ 門前仲町 | text by サノトモミ
門前仲町ビルリノベーション ー Keep on thinking, keep on making

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いくつもの季節を経て、色々な方が遊びに来てくれて・・・


まだまだやることはあり、いつになったら完成になるのかわかりませんが
(それが楽しかったりしますが)現段階の写真をまとめました。

 

 

ぜひご高覧ください。
竣工写真>>>
ブログ>>>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうすぐ、紅葉した木々を愛でられる季節です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リノベーション ・ ビル ・ 門前仲町 | text by サノトモミ
門前仲町ビルリノベーション − near the sky, before & after

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

門前仲町の飲屋街の片隅に建つ、5階建てのペンシルビル。

4階は、もともとこんな感じでした。

畳の部屋、その一角にミニキッチン。そして5階へあがる階段。。。

 

 

 

限られたこの空間に

寝床スペース、シャワー・洗面など水廻り、それから収納スペースを計画。

 

 

 

まずは解体して給排水の設置。

建物は鉄骨造ですが階段まわりが木造だったので助かりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

スペースが限られているのでベッドは置かず

床より40cm位高い位置に「2M×2Mの寝床スペース」を確保しました。

高くした下部は収納スペースに。

手前には普段使い用の引出し収納ケースを、

奥は寝床スペースが蓋になっていて日頃使わないものをしまうスペース。

 

 

 

古い民宿の共同洗面所のような、天板もシンクもタイル貼の洗面のイメージ。

大工さんに合板で大枠をつくってもらい(タイル割を想定して寸法を指示)

FRP防水を施してもらいました。タイル貼は自主施工です。

 

 

 

衣類収納スペース。

いろんな素材を試したかったのと、ざっくりした質感が気に入ってOSB合板を採用。

トゲが刺さるのでは・・・と懸念されるOSBですが圧縮プレスされているので、

そのようなことはほぼありません。

 

 

 

 

 

 

 

ということで、今はこんな感じに。

 

 

 

天井まで収納にしてしまうと圧迫感が出てしまうので

収納量は多少減っても上部はオープンに。

かえって抜けができ空間が広がり、また風通しがよいスペースになりました。

収納はそれなりにおさまるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

寝床スペース。

仕上という仕上がない空間なので

ベッドカバーは、ウズベキスタンで一目惚れしたスザニ(織物刺繍)を。

アクセントになってよい感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寝床スペースのすぐ横には

狭いスペースを有効活用するべくビルトイン洗濯機を設置した洗面スペース。

仕上げは、前述したとおり民宿の共同洗面所をイメージしたタイル貼。

見た目も使い勝手(汚れも濡れもOK)もよい、ある意味作業スペース。

 

目の前の借景を優先して、鏡付のメディシンボックスは設けていませんが、

現在、立て掛けられる鏡を探しているところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洗面の隣にはシャワールーム。

こちらの扉は、もともとあったルーバー付扉を転用。

 

 

 

床・壁・天井ともFRP防水の在来工法のシャワールーム。

掃除がしやすくて、とっても助かっています。

 

浴槽のサイズで幅が決まっているとても小さなスペースなのですが、

床・壁・天井と連続した真っ白のFRP防水面が反射する光のおかげか、

全く圧迫感の無い、明るく気持ちよいスペースです。

 

シャンプーなどのボトルが置ける棚、ボディタオルが掛けられるフックといった、

最小限の設えがあれば事足りることを実感。。。

当初からあった窓と、追加して設けた窓。

覗かれる心配のない、風通しのよい開放感あるシャワールームとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幅・奥行きとも、約4.3M程の極小平面。

特にこの階は、日常生活を担保する各機能をどう配置すれば上手く行くものか、

かなり頭を悩ませたのを憶えています。

 

リノベーション後に住み始めて早3年、

顔を洗い、歯を磨き、洗濯し、服を着替え、夜更かししたり寝坊したり、

毎日ここで当たり前の生活を繰り返していますが、

そういった日常的な行為をとても楽しく感じられることが

とてもハッピーだと感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リノベーション ・ ビル ・ 門前仲町 | text by サノトモミ
門前仲町ビル リノベーション − in the air, by the tree

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この場所に移って、3年目の夏。

ほんの少しだけ空に近い、物見櫓のような場所。

春夏秋冬、日々変わりつづける光、風、鳥のさえずり、通りの往来を感じながら、

暮らしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リノベーション ・ ビル ・ 門前仲町 | text by ナナシマ
門前仲町ビル リノベーション − on the street, by the river

















































この場所に移って、早いもので3年目。

門前仲町の飲屋街の片隅、川のほとりにて、
アトリエハコ建築設計事務所、絶賛営業中です。













 
リノベーション ・ ビル ・ 門前仲町 | text by ナナシマ
門前仲町ビル リノベーション 花見日記













今年もあっという間に桜の季節。














いそいそと・・・
忙しさにかまけて手付かずだった壁のペンキ塗りや、築地への買い出し。。。






































































































今年も、新旧のお施主さんや友人達と大いに呑み、呑み、食べ、語らい、楽しみました。。。


























そして季節は移り変わります。。。














 
リノベーション ・ ビル ・ 門前仲町 | text by ナナシマ
門前仲町 ビル リノベーション ― 花見

























昨年5月に事務所を移転してから、とくにオープンオフィスをしていませんでしたが
(まだ工事が終わってないもので・・・)
せっかく桜を愛でられる立地にあるのでお花見+お披露目会を開催。

竣工後もずっと親しくさせていただいているお施主さん、計画中のお施主さん、
スタイリストさん、プレスの方、雑誌ライターの方、アパレル関係の方、
同業の友人、学生時代の友人などなど

いろんな方との楽しいひととき!










































1階から5階までフルに使って(子供たちはたいがい4階か5階を行ったり来たり)
桜を身近に感じながらも、最後は花より団子な感じで初対面同士もわいわい。

とにかく狭いので何日かに分けたのですが、ちょうど建物前が満開の日に来客が集中し
ゆっくり座ってお話もできずすみません!


お料理やお酒やスイーツなどなど、みなさん持ち寄ってくれて
その場で作ってくれた方も・・・ありがとうございました!!!













*スナップ写真をくださった方ありがとうございます!










 
リノベーション ・ ビル ・ 門前仲町 | text by サノトモミ
門前仲町 ビル リノベーション−キッチン









面積のとっても小さなフロアが、そのまま縦積みされた今回のビル。
究極のワンフロア・ワンルームです。








ダイニングキッチンは3階なのですが・・・

天板が大きく階段で入らないので、3人掛かりで手上げ!
バモスの屋根に乗った大工さんが、火事場の馬鹿力!で持ち上げた天板を、
3階で工務店のスタッフさんたちが引き上げます!

それを大工さんが組み立ててくれまして。。。
といってもプラモデルのように機械的に作り上げるものではなく、
フローリングとの取り合いを考慮しながら(床に埋め込んでくれています)
繊細な作業をされています。








キッチンカウンターの塗装は自主施工。
塗装の前日夜、工務店社長自ら、そして大工さんもヤスリがけしてくれたそうで・・・
ありがとうございました。

表面の細かい木屑をとって、1回目の塗装。素人でも扱いやすい塗装剤です。
乾いた後、細かい800番のヤスリで研磨し、2回目の塗装。

時間切れで3回目は引越後に・・・。








壁付専用の陶器のシンクを取付けるため、
シンクの縁の部分をすべて天板に乗せるか、
天板に落とし込むか(そうすると下からの支えのみが頼り)、


安全と見た目を考慮し、とっても面倒な半分落とし込みという作業をしてくれました。
シンクの縁も丸みある形状で・・・さらにハードルが高い。
またシンクの不陸(焼き物であるので仕方がないです)があるので、
それに合わせトリマーでテーパーかけたり削ったり。


大変な作業も工務店社長と大工さんのツーカー名コンビ。
和やかに、というか、かなり笑いのある現場。
気づいたら22時前・・・・・おつかれさまでした!





できあがりはこんな感じ。







木の天板と白の陶器の相性ばっちり!
奥のほうには、向こう側から使うガスコンロが。
シンクとガスコンロが横並びでない、ある意味実験的なキッチンプランです。


そして、大工さん自らやると言ってくれまして、、、、
天板とそれを支える側板の接合部分が「留め(トメ)」の納まりに。
(垂直板の上に水平板を乗せてしまうのが簡単です)

しかも木の模様まで連続しているという徹底ぶり。
ここまでくると材料を選定してくれた工務店さん、
そして大工さんのセンスとこだわりによるもの。
本当にうれしい限りです!!!












 
リノベーション ・ ビル ・ 門前仲町 | text by サノトモミ
門前仲町 ビル リノベーション−桜づくし



目の前の川沿いにある桜並木。
先週土曜の朝から一気に満開に。

せっかくなので打合せがてら、職人さんとお花見しながら現場でゴハン。








川は、小型船舶から、和舟に(桜の時期限定です>>>)、カヤックまで!
にぎわっています。












さて肝心の内部は、、、
当初から鉄骨造ということはわかっていたものの
外壁や床はALC版だと想像していました。
図面も一般図しかなく・・・








解体してみると、
外壁は、現場打ちコンクリート、
床は、合成スラブ(鉄板のデッキスラブの上にコンクリート)
と思っていたより強固な構造。

ただ、仕上げの天井裏には多くの電気配線が。
電気そのものやTV・電話など、長年にわたって使われ方や仕様が変わってきたことにより
その都度変更していることがうかがえますが、天井裏という隠れてしまう場所柄なのか
使われていない線が切りっぱなしで残っていたり。


今回は天井を張らず構造をあらわしにするため、少し気になるところ。。。
(築40年ちょっとという経年変化の床のゆがみを直すために床をかさ上げする分
 天井高さをかせぐ意味でも、天井あらわしが必須)

と思っていたところ、
仕事が丁寧な毎度おなじみの電気屋さんによって全てキレイに整理整頓されていました。

















4月中にほぼ完成です。
引き続きよろしくお願いします。







 

リノベーション ・ ビル ・ 門前仲町 | text by サノトモミ
門前仲町 ビル リノベーション−キックオフ









門前仲町で小さなビルのリノベーションがはじまりました。










5階建ですが、ワンフロアがほんとうに狭い。
でも超コンパクトな階段に、狭いながらも吹抜があったり、
なかなか面白い建物です。














さて、担当してくれるのは、何件か新築住宅を建ててくれた安定感あるS大工。

既存ありきのなかでどう納めていくかいろいろ意見をだしてくれました。
打合せ後は、工事中は多少迷惑をかけてしまうであろう
お隣さんの洋食屋さんへご挨拶がてら​そのままランチ。


そしてさっそく解体がはじまっています。

よろしくお願いします!








目の前には、川沿いに桜並木。

当初は桜が咲くまでに完成予定だったのですが・・・
現場で桜を愛でたいと思います!






 



 
リノベーション ・ ビル ・ 門前仲町 | text by サノトモミ
| 1/1 |

 アトリエハコ建築設計事務所 
〒135-0047 東京都 江東区 富岡 1-1-18 富岡ビル
TEL:03-5942-6037 FAX:03-5942-6038
info@hako-arch.com www.hako-arch.com