アトリエハコブログ

CALENDAR  RECOMMEND   ENTRY   CATEGORY   ARCHIVE   LINK  PROFILE 
若葉町の住宅 ー タテ・ヨコ・ナナメ

 

 

 

 

昨年12月にお引き渡しした、若葉町の住宅。

 

鬱蒼と繁る森の近く、

風が強い時にはバサバサと枝葉のこすれる音が聞こえてくる、緑豊かな周辺環境。

建蔽率・容積率や高さ規制が厳しい低層住宅地。

 

垂木あらわしの大屋根の下、

家族5人が集まる時は、みんなでゆったり寛ぐことが出来て、

家族がそれぞれ一人で過ごす時は、それなりに距離感を保って過ごせる、

そんな快適な住宅を目指しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

家族が過ごすLDKにゆとりをもたらす『へそ』としての吹抜けの周りを

各機能・各部屋が取り囲んだプラン。

 

平面構成を一言で表現するとそんな感じになるのですが、

吹抜けを介して、視線が行き止まり無くタテ・ヨコ・ナナメに抜けるようにしたことで、

そういう平面の形式を感じさせない、

開放的な、カジュアルで自由な柔らかい雰囲気の空間になったような気がします。

 

 

 

 

 

竣工写真をアップしました>>>

是非ご覧下さい

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅 ・ 若葉町 | text by ナナシマ
若葉町の住宅ー庭づくり





昨年末にお引き渡しした、若葉町の住宅。
建物本体とは別途発注の外構工事が先週からはじまりました。

工事の始まりには、お施主さんも立ち会ってもろもろ最終確認。

そして今日は、
建物本体工事を請負ってくれた工務店の監督さんと電気屋さん・設備屋さんが
外構工事の進捗に合わせて外回りの工事にきてくれました。





リビングからひと続きのテラスまわり。
人目を気にせず落ち着けるアウトドアリビングにするべく
板塀で囲い、植栽を植える予定。












敷地入口から玄関までのアプローチ・駐車場も
そんなに距離がないながらもちょっとアクセントを。








​共働きで日々多忙ながらも緑に囲まれて過ごしたい・・・と
当初から外構は建物のオマケではなく重きをおいてきたお施主さん。
このお宅の日照条件に合い、
そして忙しいので育てやすい植栽を植木屋さんに相談しながら・・・
建物本体と同じくらい日数をかけて検討してきました。


それがいよいよ形になりつつあり、とても楽しみです。






内部では、ちょっと残ってしまっていた是正工事を。
実はお引き渡ししたものの、お施主さんはお子さんの受験が終わってから引越しの予定。









でもすでに新しい家電が搬入されていたり、窓まわりのブラインドが取付けられていたり
またときどき荷物を運んでいるようで、少しずつお施主さんの「家」になりつつあります。





リビング⇔テラス間の両開き掃出し窓には、縦型ブラインド。
ブラインドボックスは設けず、掘込天井に。
ブラインドの根元や余分なものが見えずすっきり。
構造上、掘込部分が大きくとれず少し心配していましたが
キレイにおさまっていてホッとしました。
やわらかく差し込む光と床のタイルと・・・なんともよい雰囲気です。


















 
住宅 ・ 若葉町 | text by サノトモミ
若葉町の住宅ースイートホーム









 
 
低層住宅地の高さ規制を満たす、切り妻の大屋根。
周囲の建物と物理的な高さ(軒高・建物高さ)を揃えながらも、
堂々としていて、大きく見えることを狙ったカタチ。

遠目にも、我が家と一目でわかる住宅。
















厳しい高さ制限の中、
内部空間を最大限確保する為の方策としての、
垂木と構造用合板あらわしの大屋根、梁あらわしの各階の床。
 
この住宅の『へそ』である吹抜けまわりの空間に、
軽快で柔らかなイメージを持たせるべく形状・ディテールを吟味した、
鉄板の階段と鉄無垢棒の手摺。

吹抜けの空間に面して、
各階の『焦点』としてシナ合板仕上が施された2つの箱。
(小屋裏とシューズインクローゼット)
















それぞれ、要素単体としては比較的おとなしい設えながらも、
その集合体としての住宅が確かな説得力・存在感を放ち、
居住者の生活をきちんと引き受けられる『容器』となることを目指しました。













天候不順ながらも大盛況となったオープンハウスを終え、
無事、お引き渡し。
工事関係者の皆さま、大変お世話になりました。


年明け、別途発注の外構工事でまた現場へ赴くことにはなりますが
とりあえずは、スッキリとした気分で迎える新年です。




















 
住宅 ・ 若葉町 | text by ナナシマ
若葉町の住宅ーオープンハウスのお知らせ











そもそもは、現在お住まいのお宅のリフォーム相談からはじまった計画。

結局リフォームをやめ、土地を探し、
気に入った土地がみつかったものの接道の関係でそのままでは建物が建てられず
まずは宅地としての条件を満たすさまざまな手続きをして、
そして設計、いよいよ工事、、、というわけで、
お施主さんには随分お待ち頂いたのですが、この度ついに完成!










 
リフォームの相談のとき小学6年だった娘さんが、早いもので今は中学3年。
将来、建築関係の仕事をしたいといっている彼女も、完成をとても楽しみにしています。

建物周りの外構の工事は今後着手する予定なので、
現状、とりあえず建築工事のみ終了した状況ではあるのですが、、、
お施主さんのご厚意により、オープンハウスを開催させていただくことになりました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日時:12/23(水・祝)12:00〜16:00
場所:東京都調布市若葉町
構造・規模:木造在来工法・2階建て
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご連絡いただいた方に詳細をお知らせいたしますので
事務所まで>>>ご連絡ください。



 


 


 





垂木あらわしの大屋根の下に配置された、
『都市空間』的な家族のスペースと『隠れ家』としての個室。

家族が集まる場としてのダイニング、
テラスの緑に向き合うコージーなリビング、
吹抜け越しの光に空の存在を感じるホール、
吹抜け周りを巡る回遊動線、
シェルターとしての『覆い(屋根)』を実感する屋根裏。

それぞれの場所がちゃんと『居心地』を獲得しながらも、
それらの場所が相互に伸びやかに繋がって、
『個』の自由を担保する快適な居住空間を形成しています。





 


 


 





この機会にご高覧頂き、
ご意見頂ければ幸いです。








 




 
住宅 ・ 若葉町 | text by サノトモミ
若葉町の住宅―一筆書き

 



大工さんの作業が全て終了し、現場はいよいよ仕上工事に着手。
これまで大工さんの作業を尻目に監督さんと詰めてきた検討事項が、
実行に移されます。








鉄の無垢棒。
今回は、鉄骨屋さんから提案された19Φと22Φを採用。
旋盤でネジ穴が施されたジョイント部材を、現場で棒の先端に溶接。













工場で所定の形状に組み立てられたいくつかのパーツを、
現場に墨だししながら固定していきます。
ジョイント部分の仮固定の為の治具(ジグ)など、
なるほどと思わせる道具や工夫の数々、職人さんさすがです。











各部分の高さや取り合い、ジョイント部分の位置など、
水平器や計測、いろいろな方向からの目測を職人さん・監督さんと繰り返しながら、
治具で仮固定の上、溶接。

今回は、これも鉄骨屋さんの提案で「アルゴン溶接」という方法を採用。
小さな光で、静かに淡々と溶接していく光景が、なんだか厳かで不思議な感じ。











果たして・・・・
手摺がいろいろなものをかわしながら、
すーっと空間の中に、軽やかに一筆書きを描いていく感じ。









今回の住宅の最大の特徴である、
大屋根の下の吹抜けと、その周りの回遊空間。

監督さん・職人さんの頑張りのおかげで
ざっくばらん、カジュアルで、
柔らかい雰囲気の空間になったような気がします。


















住宅 ・ 若葉町 | text by ナナシマ
若葉町の住宅ー隠れ家・広場

 









屋根裏が、一種独特な魅力を備える空間であるのは、
誰にとっても疑いのないことだと思います。

家の中の家族のスペースから単に物理的・機能的に隔たれている「個室」では満たされない『個』の充足ができる場所。











「居室」から離れ、空間的に「屋根の直近」まで追いやられ、身を屈め、
・・・屋根との間に体を滑り込ませる時の不思議な感覚。

窮屈さ故に否応無く向き合わざるを得ない身体感覚という点もあるかもしれませんが、
生命が宿るシェルターとしての『覆い(屋根)』に『個』のまま肉薄する・・・
そういう、何か根源的な意味があるような気がします。

















また、家は一般的な意味では、当然、社会・都市空間における家族の『隠れ家』。。。
とは言っても、家族という複数の『個』が暮らす以上、
それぞれの『個』の自由を担保する、融通というか一定のキャパシティも必要。














ということで必要とされる、
自然発生的な路地空間・交易広場や、
かつてドラえもんに描かれた「土管などが放置されていた空き地」になぞらえるような、
自由な雰囲気の、偶発性を許容する「都市的」空間。















住宅の中に「入れ子」のように存在する、『隠れ家』と『広場』です。


















住宅 ・ 若葉町 | text by ナナシマ
若葉町の住宅ー現場着々

 









上棟後、間髪入れずに屋根合板が張られた現場。
目に心地良い、垂木の小気味良いリズム。






上棟式も、滞り無く終了。



















天候不順が続く中、外部では屋根板金も作業本番。

お施主さんこだわりの、遮熱・親水性低汚染仕様のガルバリウム鋼板。
職人さんの手で、鋼板の平板がみるみる折られ、張られていきます。



















屋根裏ロフトの床、吹抜けまわりの階段下地、ダイニングの天井下地なども組み上がり、
空間の輪郭が少しずつあらわに。




















今回の住宅の一番の特徴が、垂木あらわしの大屋根。

見えない糸が縦横無尽に張られている中を、
傘をさして手探りで自由になる空間を探る・・・そんなイメージ。

いわば、敷地周囲各方向からかかってくるバラバラの斜線制限を整理・統合して、
領域として固定する大屋根。





その大屋根の下、様々な要素がダイナミックに配置されることによって、
驚きや発見のある、活発で楽しげな空間になることを目指しています。



















住宅 ・ 若葉町 | text by ナナシマ
若葉町の住宅ー上棟

 





大工さんの一人が『別荘地っぽい場所だな〜』とつぶやいていました。
たしかに、すぐ近くに鬱蒼としげる森があり、
風が強い時にはバサバサと枝葉のこすれる音が聞こえてくる、緑豊かな周辺環境。














そんな閑静な住宅地に、嵌まり込むように配置についたレッカー車。




6月末の地鎮祭から1ヶ月半。
地盤改良、基礎配筋、基礎コンクリート打設などの工事を
間髪入れずに着々と進めてきた現場。

いよいよ本日、建て方です。














建ぺい率・容積率はもとより、高さ規制が厳しい低層住宅地。

絶対高さ制限・軒高制限。
許可申請に際し、過剰と思われるクリアランスを要求された北側の高度地区斜線。
それから、ある程度は必要であろうと思われる東西の隣家への配慮。

これらにより高さ方向の寸法が抑えられがちになるのに対して、
内部空間を最大限確保すべく、
今回の住宅では、切り妻と寄せ棟をイレギュラーに組み合わせた形状の大屋根を採用。

その結果、工場のプレカットでは加工が困難な
梁同士が斜めにとりあうジョイントが多数発生し、
それらの仕口は全て、現場で大工さんがこつこつ手加工することに。。。















また、アプローチ側の切り妻先端は棟木部分の取合が平面的にも角度が振れており、
大工さん泣かせと思しき部分・・・

柱間の距離を測ってチェーンブロックで引っ張ったり、
仕口部分の形状をノミで削ったり、梁を下ろしてくる角度を変えたり・・・
といった調整を淡々と繰り返した後、ぴったりと!

一体全体、どういう計算で仕口部分の蟻寸法・形状などを割り出すものなのか、
どうやったらこんなドンピシャの加工が出来るものなのか、到底想像がつきませんが、
大工さんの職人技、恐れ入ります。















組み上がった仕口にほれぼれ。
これだけきちんと組み上がっていると、とても安心感があります。










途中雨にも降られ、決して万全とは言えないコンディションでしたが、
監督さん大工さんをはじめ現場の皆さんのおかげで無事上棟。

今後の現場通いがますます楽しみです!














住宅 ・ 若葉町 | text by ナナシマ
若葉町の住宅ー地鎮祭







いろいろと通常より時間がかかってしまい、
お施主さんには結構お待ちいただきましたが
無事ここまで来れました。

前面道路の幅員の関係で、そのままでは住宅新築不可な敷地。
「建築基準法第43条第1項ただし書きの許可」申請を行い、
建築審査会の同意を経て許可を得て、その後「確認申請」という流れ。。。





 



 
「ただし書き許可」手続きでは、
私道である前面道路の所有者それぞれの方々の承諾をもらったり
(そこに住んでいる人ばかりではないのでたどり着くまでも大変)
公図や謄本を用意したり、不動産屋さん・測量屋さんのご尽力。

我々の本分である建物の計画に対しても、
法22条地域にもかかわらず準防火地域と同等の防火仕様を要求されたり、
高さ制限で過剰と思われるようなクリアランスを要求されたり。。。

はたまた、建築審査会に提出するための書類の体裁に関して事細かな指導を受けたり。






 
 




もちろんコスト調整にも時間を要しました。
工務店さんにもいろいろ調整をしていただいて、
もろもろ譲れない・・・というお施主さんにもがんばってもらって。

工事請負契約の目処が立って、確認申請も無事に終了し、
本日ようやく地鎮祭。







 



準備中は雨が降っていたのですが
ちょうどはじまる時間にピタリとやみ。

これまで何度か地鎮祭は経験していますが、今回はじめての仏式の地鎮祭。
滞りなく執り行われました。

雨降って地固まる...いろいろな意味でそんな感じ。

 

 




















地鎮祭終了後は、
地鎮祭の為のテントや椅子を用意してくれた工務店さんと
建物の位置やレベルの確認。

工事は、まずは地盤改良からはじまります!





















 
住宅 ・ 若葉町 | text by サノトモミ
若葉町の住宅ー設計はじまりました!




昨年の記事>>>でいいなぁと思っていた土地、
前面道路が「建築基準法上の道路」でなく
私道かつ色んな人の名義になっている道路で
そのままでは土地を購入したとしても家を建てることはできなかったのです。。。


住宅を建てられる道路と役所に認めてもらうべく、
不動産屋さんが動いてくれていたのですが
何せその道路に関係する人たちが多く思いのほか時間がかかり
いつになったら土地購入ができるかわからない状況がずっと続いていました。


お施主さんも予定がわからないままいつまでも待てるわけでもなく
他の土地も並行して探していましたが、なかなかその土地に勝るところはなく。
希望の広さの土地だったことはもちろん、
周辺環境や通勤通学で毎日歩くであろう駅までの道のりをとくに気に入っていて。


モヤモヤした感じが続くこと1年半。
ようやく色々とクリアになり土地契約。
同時に設計もスタートしました!



 



道路関係者への説明のための図面が必要だったときに
プランについて打合せをしていたため
今回はそれらを反映した内容+模型でプレゼン。




 



共働きのご夫婦に大学生から中学生までの3人のお子さん。
LDKや個室は小さくていいかわりに
大きめのファミリークローゼットが欲しい!!!とのご要望。







比較的ゆったりとした土地でさらに周辺環境が良いだけあって
建ぺい率や建物の高さの規制が結構厳しめ。
そんななかで要望を組み込みつつ、
私たちならではの計画ができればいいなぁと思っています。













 
住宅 ・ 若葉町 | text by サノトモミ
| 1/2 | >>

 アトリエハコ建築設計事務所 
〒135-0047 東京都 江東区 富岡 1-1-18 富岡ビル
TEL:03-5942-6037 FAX:03-5942-6038
info@hako-arch.com www.hako-arch.com