アトリエハコブログ

CALENDAR  RECOMMEND   ENTRY   CATEGORY   ARCHIVE   LINK  PROFILE 
八幡山の二世帯住宅 − ポケットガーデン








約12.9坪の角地に建つ住宅の建て替え。
かつてのお住まいでは、通りに面して溢れんばかりの鉢植えが置かれていました。

決して余裕があるとは言えない敷地面積の中、
今回の建て替え後は二世帯7人家族で住む住宅の計画ではありましたが、
「それでもやっぱり庭は諦められない!」「シンボルツリーを植えたい!」
というのが、当初からのご家族のご要望。。。








そこで、建て替えに際して、建物を敷地奥に寄せ、
建物の角を45°にカットして角地のコーナーに極力スペースを確保した上で、
更にその内側を凹ませて三角形の庭に!











果たして・・・竣工後2年を経てかつてのお住まいにも負けない庭に!
この街角に緑が戻り、また通りがパッと華やかに!








竣工写真をアップしました!コチラ
ブログはコチラ

是非ご覧下さい。








 
二世帯住宅 ・ 八幡山 | text by ナナシマ
八幡山の二世帯住宅−ヒメシャラとタマリュウ

 





1月末に竣工したこちらのお宅。
雪の残る先週末、いよいよシンボルツリーの植え込み。






小さな蕾とツルッとした幹がなかなか繊細でスマート・・・ヒメシャラです。

実は、一度エゴノキで決めていたのですが、植木屋さんと相談した結果
懸念していた害虫の影響もないということでヒメシャラに最終決定!
















泥ハネが気になる部分には
植木屋さんのはからいでタマリュウが植えられました。














もともとココにお住まいだったお母さんは、
この日当りのよい角地を活かして、
ミモザをはじめ、溢れんばかりの植物を育てていました。

建替の際、泣く泣くお友達やご近所の方にそれらをあげてしまったそうなのですが
今後またいろんな植物に囲まれることでしょう!


若奥さまも緑が好きなようで・・・
すでに玄関前には若奥さまが以前のお住まいから持ってこられた植物が
いい感じに配置されています!


今後の変貌にも期待大です!




 
二世帯住宅 ・ 八幡山 | text by ナナシマ
八幡山の二世帯住宅−祝完成!






完了検査も無事合格し
施主検査あり
写真撮影もして

この週末無事お引き渡しでした!














奥さまこだわりの
珪藻土にバーチの無垢フローリング、露しの梁。
鉄骨の白い階段とも相性ばっちり!!!








お母さんがさっそく手作りの造花を飾り付け。
落ち着いた色合いが木と合っています〜




お施主さまは
狭小地のなか色んな斜線をくぐり抜けながらの3階建て案を気に入って下さり、
設計者として私どもを選んで頂きました。
ただ、現場は一つ一つが寸法との戦いといったところがあり
施工の方々は大変だったと思います・・・ありがとうございました。

また、3階建てにするには階高をかなり抑えることが必要でした。
でも、梁を露しにしたり、小さいながら吹抜を設けたり、窓の位置を工夫したり・・・
と、それに応じた工夫を凝らしました。

そういった効果もあったのか、まったく天井の低さは感じない!と
お施主さんも完成をたいへん喜んでくださりました。













ただ・・・まだシンボルツリーが植えられていません!
今のところ、エゴノキを選定予定ですが・・・!?
この建物に似合った枝ぶりの木に出会えますように。











 
二世帯住宅 ・ 八幡山 | text by サノトモミ
八幡山の二世帯住宅−造作家具






建築本体工事とは別途発注の造作家具。

以前よりお付き合いのある高尾の職人さんにお願いしました。
そもそもは建具職人さんなのですが、
建具はもちろん、家具も塗り物も
はたまたちょっとしたリフォームなんかも器用にやってしまう方でして
(前日も別物件で大谷石を貼ってきたとか!)
今回もお願いしました!









竣工直前でいろんな職人さんが出入りしていたりするので
いきなり2階窓から搬入。









今日は、家具屋さんの奥さん・息子さんも参戦し
家族連携プレーでキッチン背面収納を取付けています。
これまた奥さんは漆塗り職人さんで、、、
いつかなにかご一緒できればいいなぁ。









タモの無垢材カウンター!
当初コストを考慮して集成材だったのですが、家具屋さんのはからいで無垢材に!

サイズも、設置する壁に合わせたピッタリの大きさ。
手前の扉がない部分はゴミ箱置場として利用、とオリジナルの仕様。

キッチンまわりなので、塗装をしてもらっているのですが、
この職人さんならではの吹付塗装によって、シナのきれいな素地の風合いそのまま!
(ふつうは塗装すると濡れ色・飴色になりがちなんですが・・・)
珪藻土が塗られた梁あらわしの空間にぴったり馴染んでいます。





他にも、洗面脱衣室やトイレの鏡付収納をつくってもらいました。
こちらもこの住宅ならではの仕様となっています!





 
二世帯住宅 ・ 八幡山 | text by サノトモミ
八幡山の二世帯住宅−鋭意仕上げ中


昨年末ぎりぎりに足場がとれたはずの年明けの現場。
駅のホームから少し見える現場は・・・白い建物が!









今日はタイル屋さんとも打合せ。
こちらで作成したタイル割付図面を元に、
何を優先するか・・・などなど内容をすり合わせ。







内部では、計画当初から奥さんが拘っていた珪藻土を塗るために養生と下地処理中です。
こういった塗りもの、他のものに塗り材が付かないように養生をするのですが、
これがかなり時間がかかるもの。




また、現場でお母さん会えたので(またまた差し入れを!ありがとうございます)、
宿題となっていた照明器具のご提案。


もともと引掛シーリングを設置して
お施主さんの方で照明器具を用意していただく箇所がいくつかあったのですが
昨年末に照明器具を選んで欲しいとお話がありました。
実際には「後で支払いをするから買っておいて〜」とのことだったのですが
それはさすがに・・・なので、2案ご提案させていただきました。

*1つ1つはそれほど明るくないけど、リズミカルにシンプルなペンダントが並ぶ空間
*部屋全体を均質的に明るくするベースとなる照明、と、ポイントとなるペンダント1つ

暮らし方、照明(明るさ)の感じ方は人それぞれなのでどちらかなぁと思っていたところ、
さくっと「リズミカルにペンダント!」に決定。
明るさが足りないなぁと感じた場合は、
スタンド照明などの間接照明で調整していく・・・と。
まさに補足でお伝えしようと思っていたことをズバリ。
ビックリ!と同時にうれしくなりました。



今後、住み始めた後も家とうまく付き合っていってくれるのだろうなぁ・・・と、
安心半分、うれしさ半分。






引き続きよろしくお願いします!







 

二世帯住宅 ・ 八幡山 | text by サノトモミ
八幡山の二世帯住宅−『1坪』の使い途







建坪7坪に家族7人が住む今回の住宅。

家族が日常的に使うスペースを有効に稼ぐ為、
建坪7坪の内、動線部分は階段部分の1坪のみ。
残りの6坪が全て「実際に使えるスペース」になっています。

二世帯共用の玄関も各階をつなぐ螺旋階段の下に滑り込むように納められており、
各階の居室、トイレ、洗面所、ウォークインクローゼットなど3フロアの全てのスペースに
階段から直接アクセスできる計画。






 


更に、スペースを使い倒すために、
玄関土間の床下も収納として使えるようアクセス可能に設えたり、
螺旋階段の終点部分にも・・・・・






こんな部品の図面を作成して・・・






子世帯ご主人の書斎スペースが完成!!!






例によって、ご家族の身長を踏まえて、
階段上下のクリアランスをにらみながらのナカナカしびれる寸法調整の結果・・・
スポッと身体がおさまる、絶妙な空間に。

天窓から落ちてくる光の下で、これはかなり読書に没頭できそう。。。


お施主さんにも喜んでいただけそうです!





 
二世帯住宅 ・ 八幡山 | text by ナナシマ
八幡山の二世帯住宅ー鉄骨螺旋階段










外部は下地のモルタル塗りが終わり、吹付仕上げを待つばかり。
モルタルグレーなこの感じ、
サッシの色とも合っていて、質感もあって、、、
このまま最終仕上げとしてもよい感じです。




内部では他の作業を全て止め・・・
鉄骨階段の溶接中!






工場で製作してきた階段の各パーツを現場にて一つ一つ溶接。

お父さんと息子さんでやっている鉄骨屋さん。
今日は、普段は大工さんの息子さんと、昔からの仲間のおっちゃんが参戦し
4人のチームプレーで作業していました。






今回は更に階段に加え、階段上部の吹抜部分に、
そのまま鉄骨階段の延長でご主人の書斎スペースをつくります!






今回は、高さがかなりタイトなので、少しでも寸法を稼ぐ為に踏み板は鉄板一枚。
階段そのものが鉄骨オンリー!
最終的には白塗装されますが、錆止めのこの状態もかなりカッコいい!

お施主さまの要望で蹴込板を付けたのですが、
その効果で階段の空間がいわゆるトンネル状の空間となって、
各階の床がそのままズルズルと階段に繋がってまた次のフロアに連続する・・・
その感じがとっても面白い階段になりました。







そして今日は、ようやく現場が採寸できる状況になったので、
造作家具のための採寸と打合せ。
家具の製作は、書斎茶藝館のときに知り合った、高尾にある建具・家具屋さんに依頼。
トールハウス・フルハウスでもテーブルやベッドを作ってもらった顔馴染みです。


こちらも息子さんを連れての参戦。
いろいろと採寸し、材料の擦り合わせ、搬入経路を確認。

なんと!建具・家具屋さんの計らいで
設計時に集成材だった天板が、無垢材となりました!!!


こだわりを持ってお仕事をされている建具・家具屋さん、出来上がりが楽しみです。





 
二世帯住宅 ・ 八幡山 | text by サノトモミ
八幡山の二世帯住宅ーもうすぐ木完






1週間ぶりの現場定例。
順調に仕事が伸びています!










 
外壁は、計画当初よりお施主さまこだわりの吹付仕上げ。
いま、その仕上げをする前の下地処理(ラス網+モルタル)中です。
平面的に鈍角な部分のコーナー押えが大変だった!と職人さんから聞きましたが
とても丁寧な仕事をしてくれています。


 





高度斜線で切り取られた3F子供スペース。
トップライトや、2Fリビング吹抜とのつながり・・・から
思っていた以上に面白いスペースになりそう!








これまで吹抜部分を塞いでいた仮設足場がついに撤去され。。。
小さいながらも高さ方向どーんと抜けのある空間が出現!









とりあえずは木完めざして進むのみです!
 







二世帯住宅 ・ 八幡山 | text by サノトモミ
八幡山の二世帯住宅−虎視眈々






こちらも、現場は着々と進んでいます。












経験豊富ながら、当初、設計事務所の案件ならではのルーチン作業ゼロの仕事に
若干の戸惑いを見せていた様子のおじさん大工棟梁。

・・・ですが、仕事を進めていくうちに、
お施主さんの家族構成や生活スタイルを踏まえた上での設計内容であることを
どうやら実感してくれたようで、今ではノリノリ・・・
面倒くさい仕事も明るくハイテンション(笑)で進めてくれています。








屋根にはガルバリウム鋼板を貼っている最中・・・
今回は外壁も屋根も白の家。
艶消しの白ながら、雨で汚れを流してしまうというスグレモノの材料!


ぱっと見は普通なんだけど、じーっと見ると何気に個性的で気になる・・・

今回は、ちょっとそういうの狙ってます!





 
二世帯住宅 ・ 八幡山 | text by サノトモミ
八幡山の二世帯住宅−現場定例




中間検査も無事合格をもらい、現場は着々と進んでいます。










昨日は電気屋さんと打合せ、ということで現場に行きましたが
電気屋さんをはじめ、空調設備屋さん、鉄骨屋さん、住設屋さん。。。などなど勢揃い。
あれこれ質疑に答えたり、納まりなどの打合せをしているうちに
気付いたら暗くなる直前!   (・・・11時集合でした)




打合せ中、寒くなってきたなぁと思っていたころ、
お施主さまお母さんが差し入れてくださった
ホットコーヒーとおかきがとってもありがたかったです。








玄関脇に取付けてあった、大工さん手作りの空中スリッパ置場!
柱から持出しで収納なんて、なんと大胆な・・・
現場で面白いアイデアを頂きました!笑



 
二世帯住宅 ・ 八幡山 | text by サノトモミ
| 1/2 | >>

 アトリエハコ建築設計事務所 
〒135-0047 東京都 江東区 富岡 1-1-18 富岡ビル
TEL:03-5942-6037 FAX:03-5942-6038
info@hako-arch.com www.hako-arch.com