アトリエハコブログ

CALENDAR  RECOMMEND   ENTRY   CATEGORY   ARCHIVE   LINK  PROFILE 
千川の二世帯住宅 - いろいろなレベル

 


スキップフロアを駆使した、1・2階の子世帯。




1階から2階へ続く階段の途中に小さな開口。
床下収納への入口。

 






2階のダイニングキッチンのレベルから、
階段4段ほどあがったリビングスペース。

そして・・・さらに少し上がったところにも空間が。









階段とひと続きのカウンター。
ココで、2人のお子さん(小2男児、保育園児)が宿題などをする予定。
ダイニングキッチンからも一目で2人の様子がわかります。


このカウンターから続く奥のスペースは
畳で寛ぎながら・・・
はたまた、お行儀は悪いですがゴロ〜ンとしながら
四周を本に囲まれて読書する場所。



酔っぱらって帰宅されたご主人の寝床にも・・・
ゲストの寝床にも・・・
なり得ます。









キレイ好きな寡黙な大工さん。
いつも清掃が行き届いていて感心するのですが
道具も整頓されています。

オブジェとしてそのまま飾ってもよい感じ。です。






二世帯住宅 ・ 千川 | text by サノトモミ
千川の二世帯住宅 - オーダーキッチン





内部壁・天井のボード貼りがほぼ終わった現場。










リブコンテンツさん製作のキッチン。
工場からぞくぞくとパーツが運び込まれました。


 
ご夫婦でお料理をしたり、
週末はご近所のお友達家族が来て一緒に過ごすこともある・・・
という生活スタイルから決まった
窓際にコンロ付カウンター、シンク付のアイランドカウンター、という2列型のプラン。



1M×1.8Mのステンレスへアラインのワークトップ。
タイル貼りの床に鎮座する、迫力満点のアイランドカウンターです。






窓際のコンロ付カウンターは、窓や吊戸棚、今後壁に貼られるタイルとの
兼ね合いを考慮しながらの設置。




養生が取れるのが楽しみです。




二世帯住宅 ・ 千川 | text by サノトモミ
千川の二世帯住宅−現場坦々





大工さん絡みの検討事項については、
年末までに一通り協議の終わった現場。

空間の骨格が出来上がってきました。












玄関から自然に視線が抜けて行く階段や、
勾配屋根にパラパラと設けた天窓など・・・
いかに効果的に『開放性』を獲得するか、考えに考えた空間構成です。
















書架を兼ねた手摺や排水スペースの曲面壁など、
場所によっては細かいところにも着手。

竣工を目指して坦々と進む現場・・・これからスパートです!!!







二世帯住宅 ・ 千川 | text by ナナシマ
千川の二世帯住宅−種蒔き





雨上がりのピーカンの日、お施主さまと上棟のお祝いをしました。

 












夏休みの自由研究に、「家の作り方」をとりあげてくれた長男君も参加です。
夏休みの段階ではまだ基礎工事中だった現場、、、
写真を撮ったり、背伸びしてロフトの高さを体感したり、
研究内容を追体験・・・という感じでしょうか。



ものづくりの楽しさを感じてくれている様子が、
とてもうれしいひとときでした。






二世帯住宅 ・ 千川 | text by ナナシマ
千川の二世帯住宅−上棟

 




先週終盤から四日掛かりの建方も、ようやく本日終了!!!

大断面の部材も多かったのですが、
最大7名の大工さんの総力戦・・・
スピード感のある仕事ぶりはなかなか見応えがありました。









本日は、スキップフロアのレベル差、登り梁が棟に集中していく納まり、
南側隣地との隙間に差し出されたテラスのスペースなど・・・
いろいろ気になっている部分の実際の感じを確認に現場へ。

とりあえず破綻は無さそうで一安心。。。










例によって、最大容積・最大高さ確保のために
天空率などの法規制緩和も駆使しながらのプランニング。

周辺環境に対して威圧的なボリュームに感じられることの無いよう考慮した
雁行形状の外観ですが・・・
果たして効果の程はいかに?





二世帯住宅 ・ 千川 | text by ナナシマ
千川の二世帯住宅−現場躍動






気持ちよい秋晴れの日。
ついに建て方が始まりました。







吊り上げられる部材も大迫力・・・なかなか壮観な現場風景です。


規模が大きな住宅ということもありますが、
ロングスパンのガレージやスキップフロアやいわゆる『蔵』収納など、
特殊な建物構成を実現するために、
壁柱部材や大断面の扁平梁といった超重量級の特殊部材を駆使した構造設計。。。







実はこれまで、特注集成材の検討・手配・製作など、
施工会社の皆さんの多大のご苦労がありました。

現場監督さんや大工さん鳶さんの晴れやかな表情からは
それらの苦労がひとつづつ実際にものになっていく喜びが伝わってきました。










二世帯住宅 ・ 千川 | text by ナナシマ
千川の二世帯住宅−基礎コンクリート

 


お盆休み前、滑り込みで本日基礎コンクリート打設。
配筋のかぶり寸法や設備配管などの確認のため、現場へ。




1階が大きなガレージになる関係で、見ての通り広々とした基礎底盤。



引き抜き防止アンカーコンクリートや、鋼管杭地盤改良の天端の施工状況もしっかり確認。









そうこうするうちに、わんぱく兄弟が到着。
お母さんのヒヤヒヤをよそに土山に登ったり、鉄筋に上ったり。。。







午後からは、ポンプ車・ミキサー車が到着して、
早速、底盤レベルの低いエレベーターシャフト部分からコンクリート打設を開始。


基礎屋さんの丁寧な仕事ぶりを確認して、現場を後にしました。










二世帯住宅 ・ 千川 | text by ナナシマ
千川の二世帯住宅 - 地鎮祭

 


昨年末にコンペ、
年初よりプロジェクトがスタートした住宅。

実際の工事着工は少し先になりますが
先日の夏日、地鎮祭が執り行われました。




木造3階建ての二世帯住宅。

 
クルマ3台+バイク2台分のビルトインガレージ、
パズルを組み合わせたような断面構成、
スキップフロアの連続による流れるような空間、
ホームエレベーター、
2世帯の異なるコンセプトの水廻り、
フルフラットなフロアを緩やかに分節し特徴付ける大屋根、
賃貸への転用も可能な設え・・・

特徴を挙げるときりがないくらい盛りだくさん、
なかなか挑戦のしがいがある住宅。



現在、鋭意作業を進めています!!!



二世帯住宅 ・ 千川 | text by サノトモミ
| 1/1 |

 アトリエハコ建築設計事務所 
〒135-0047 東京都 江東区 富岡 1-1-18 富岡ビル
TEL:03-5942-6037 FAX:03-5942-6038
info@hako-arch.com www.hako-arch.com