アトリエハコブログ

CALENDAR  RECOMMEND   ENTRY   CATEGORY   ARCHIVE   LINK  PROFILE 
キナリの家ーHOUZZ

 

 

 

 

 

 

 

 

竣工してもうすぐ7年になる「キナリの家」がHOUZZの特集記事になりました>>>

 

ご家族の自然体な姿がそのまま記事に定着されたような内容になっています。

 

 

 

 

 

 

 

今年はじめからライターの方と水面下でこの記事について進めていたのですが

カメラマンのBrian Sawazaki Photography/澤崎信孝さんが

改めてキナリの家を撮影したくださったのをきっかけに一気に話が進みました。

 

 

 

 

 

 

 

記事には、パキッとした竣工写真(いつもお願いしている解良信介氏)と

いまの暮らしぶりをパシャッと撮影した写真(前述の澤崎信孝氏)が並んで

もうすぐ7年経つ住宅の変化が見えて面白い。

庭の緑がわさわさになった!子供が大きくなった!とかとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

でもとにかくお施主さんが家に愛着を持って

試行錯誤しながら手を加えたり、子供の成長に合わせてレイアウトを変えたり

生活を楽しんでいるのが伝わってきてうれしくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして何より何年経っても撮影に協力してくれたり、本当にありがたいです。

撮影というより遊びに行った感じですが、、、

おしゃべりしたりお料理やお酒いただいて。

どうもありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*このブログ記事の写真は全てBrian Sawazaki Photography/澤崎信孝氏撮影です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅 ・ 大磯 | text by サノトモミ
キナリの家ー久々訪問

 

 

 

2010年3月にお引き渡しした大磯のキナリの家。

 

 

 

 

 

 

引渡後も庭工事や竣工写真撮影、それとは関係なく遊びに行っていたり

お施主さんも昨年事務所に遊びにきてくれたり>>>

またSNSでつながっていてるので、時々アップされる近況や家の写真で

ちょくちょく遊びに行っている感覚でした。

 

が、なんと!お宅に伺うのはちょうど5年ぶり!!!

今回は撮影で、それを理由に遊びに行ってきました。

 

 

 

 

家に近づくと・・・ !!!

 

 

もりもり緑!!!

 

 

5年前にはまだここまで育っていなく>>>

今の姿こそ、当初お施主さんが望んだ、眺めるキレイな庭ではなく

野山のようなワサワサ自然発生した雰囲気の緑!

 

 

 

 

 

 

 

 

目隠しにもなっているし、チラチラ見えるのもよい感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

計画時にイメージした、エンガワと庭(駐車場含む)の正しい使われ方!

二人になったお子さん。

裸足で家と庭を行ったり来たり〜。

 

 

 

 

 

 

アプローチの板塀とポストまわりも植物わさわさ。

板塀にスプレーした住所・表札もツタでもう見えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンガワが突き出した部分。

芝生でアクティブ!に対して、

ココは逆に、リビングの延長のような、ゆっくりできる居場所のような。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつだったか奥さんから、

寝室に棚をつけたいので下地位置など教えてほしい〜とメールがあり、

工事中の図面や現場写真を見返して連絡はしていたのですが・・・

持出式棚柱も棚板も奥さん一人で取付けたそう!

 

棚柱は水平垂直がとれてないと棚板が斜めになってしまったり使えないし、

そもそも水平垂直をとるのが難しいのですが、

スゴイ!!!

 

 

 

 

 

 

庭の木は、ダメになってしまったものもあるけど、

枯れたと思っていた木がまた復活したり。植え直したものもあったり。

色々試行錯誤しているようです。

とにかく色合いがとてもステキ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかくがんばりすぎず○○風にもとらわれず

気に入ったものをこつこつ集めてきたものが

さりげなく置かれているこの感じ。

訪れる度に新たな発見があり、毎回伺うのがとても楽しみです。

 


 

 

 

 

 

そうそう撮影の後は、、、

これまた奥さんの美味しい手料理にてお酒が進み過ぎました。

 

帰りには、ご主人にすてきな隠れ家ビストロを教えてもらってワインを購入。

 

 

色々ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅 ・ 大磯 | text by サノトモミ
キナリの家 − homify掲載







キナリの家 が
ドイツ・ベルリン発の建築ウェブサイトhomifyで紹介されました。








夏休み午後の縁側での昼寝の光景をイメージした住宅。

大磯のおおらかな環境と光・風を存分に満喫する設えとしての住宅です。
南側の6Mの大窓をフルオープンすると、
リビング・縁側・庭が一体となった子供の遊び場が出現します。

こちらのお宅が竣工して早くも6年近く経ちますが、
写真の長男坊も伸び伸びと育って、今では立派なお兄ちゃんに。
・・・・昨年再会した際のわんぱく姿はこちら










建物はシンプルな総2階建てですが、切り妻に一捻り加えた形態をしていて、
見る方向によっては、切り妻に見えたり片流れに見えたり・・・

ちょっと不思議でユーモラス、オブジェっぽい感じ。
北・東面は吹きさらしの広大な畑に面していることもあり、
遠目でも一目で我が家とわかる『キャラ』を狙いました。








homifyの記事のタイトルは
「大きな庭がうれしい!ゆったり縁側で寛ごう。」
丁寧に紹介して頂いています!


サイトはこちら! 


ブログはコチラ
竣工写真はコチラ
Facebookページはコチラ
是非ご覧下さい。








 
住宅 ・ 大磯 | text by ナナシマ
キナリの家ー久しぶりの再会






5年前にお引き渡しした「キナリの家」のお施主さんが
事務所に遊びにきてくれました!
お花見に来られなかったので、新緑の時期に〜ということで入梅前に実現。








完成後も何度か遊びに行ったりしていましたが
今回はけっこう久しぶり。その間、家族も増えて。






 
完成当時はまだ2歳だった社長>>>もすっかり少年。








美味しくてラベルもすてきなワインや
奥さん手作りのグラノーラをいただいたり。
ほんとうに美味しくて美味しくて・・・
お酒もおしゃべりも進み、、、すぎ・笑
ほんとうに楽しい時間。








5年経った家の状況もいろいろヒアリング。
外壁は汚れや苔が付いている部分もあるけど、それも味かな。
(そもそもそういったことも気にしない経年変化を楽しめる家をご要望されていました!)
とか。
こだわって採用したナラ無垢フローリングのヘリンボーン貼りも
傷がついたりしているけど、オイルを塗ったり楽しんでいる。
とか。

毎度思うのですが、竣工時が完成ではなく住みながら家も一緒に育っていく感じ
今回のお施主さんの話を聞いてとてもよいなぁと改めて思いました。








計画当時から、庭も、整然としたキレイに植物が植えられている感じではなく
野生化した庭を目指していたお施主さん。
いまはすっかりモシャモシャの庭になったようで・・・
次回はその庭を体験しに行きたいです!



↑の写真はすべて先日の様子。
「キナリの家」の写真は
コチラ>>>
ブログ>>>

海外のサイトにも掲載されています。
Dezeen
archdaily
Fubiz






 
住宅 ・ 大磯 | text by サノトモミ
キナリの家−ArchDaily掲載

 





キナリの家が
アメリカの建築ウェブサイトArchDailyに掲載されました。









夏休み午後の縁側での昼寝の光景をイメージした住宅。

大磯のおおらかな環境と光・風を存分に満喫する設えとしての住宅です。
南側の6Mの大窓をフルオープンすると、
リビング・縁側・庭が一体となった子供の遊び場が出現!
・・・・・半年後の再会では、『社長』は野生児に!

吹きさらしの広大な畑に面した北・東面は
シェルターとしての閉じた壁面のオブジェ的な形態として、
遠目でも一目で我が家とわかるキャラクターを付与しようとしました。



サイトはこちら

ブログはコチラ
竣工写真はコチラ
Facebookページはコチラ

是非ご覧下さい。






住宅 ・ 大磯 | text by ナナシマ
キナリの家−Dezeen掲載

 





キナリの家が
イギリスの建築ウェブサイトDezeenに掲載されました。








夏休み午後の縁側での昼寝の光景をイメージした住宅。

大磯のおおらかな環境と光・風を存分に満喫する設えとしての住宅です。
南側の6Mの大窓をフルオープンすると、
リビング・縁側・庭が一体となった子供の遊び場が出現!
・・・・・半年後の再会では、『社長』は野生児に!

吹きさらしの広大な畑に面した北・東面は
シェルターとしての閉じた壁面のオブジェ的な形態として、
遠目でも一目で我が家とわかるキャラクターを付与しようとしました。



サイトはこちら

ブログはコチラ
竣工写真はコチラ
Facebookページはコチラ

是非ご覧下さい。




住宅 ・ 大磯 | text by ナナシマ
キナリの家 - 竣工写真





お施主さまには、たいへん長らくお待たせしました。




 



 

2010年3月に竣工したお宅ですが
庭に植えられた木々の成長を待ち
2010夏・秋に竣工写真を撮っていただき
ようやくホームページにアップしました>>>






 

さらに野生化している「社長」なのでしょう。。。





こちらもアルバムを持って久々にお伺いしたいです。

住宅 ・ 大磯 | text by サノトモミ
キナリの家−ナイッショッ!!!



    あっぱれな秋晴れ、竣工写真日和です。

    家自体は今年の3月に竣工していたのですが、
    庭の木や、庭と連続するリビングの家具など
    お施主さまと設計時に暖めていたイメージが
    ようやくかたちになって来ましたので、満を持しての撮影です。







    今日は社長が大活躍。
    元気いっぱい、庭だろうとどこだろうと構わず裸足。











    思い返してみると、
    お施主様と初めてお会いしたとき、まず最初にお話されたのが
    「気持ちよい庭がある家で暮らしたい」というご要望でした。
    今日、“野生化”した社長がとにかく奔放に走り回っている姿を見て
    少なからず感動しました・・・


住宅 ・ 大磯 | text by ナナシマ
キナリの家−お宅訪問 vol.2



     濃紺と濃茶の組み合わせがよい感じ。












     2階のオープンスペースは家事スタジオに!!!
     社長もお手伝い。
       ・・・仕事増やしてる???






     ボーダーズ!!
     楽しかったです。
     またオジャマしまーす。
住宅 ・ 大磯 | text by サノトモミ
キナリの家−お宅訪問 vol.1

    先週。
    大磯行きを機に「キナリの家」を訪問。
    2ヶ月半ぶり。
    どきどき。







    玄関スペース。
    シンプルグレーなモルタルの床に社長カーが映えてます。










    汗カキカキしながらLDKを走り回る社長。
    晴れた日は(この日はあいにくの雨でした)
    リビング⇔エンガワ⇔芝生庭とハダシで駆け回っているとのこと。
    
    近所の小学生が帰宅する姿を見て、窓越しに「おかえりー」と声をかける社長。
    その小学生は、毎日のように「キナリの家」に寄り道しては
    社長と遊んでくれるのだそう。
    
    なんとも微笑ましい。

    
    



    





    トイレ。
    奥さまが育てたラベンダーのよい香り。
    意外に大きかった照明ですが、カワイイ。








    キッチン。
    作業スペースから。
    開口を大きくするため、あえて吊戸棚はなくし、棚板一枚設置。
    見せる収納。
    ル・クルーゼの鍋が並びます。
    うらやましー。







    ・・・つづく。
住宅 ・ 大磯 | text by サノトモミ
| 1/4 | >>

 アトリエハコ建築設計事務所 
〒135-0047 東京都 江東区 富岡 1-1-18 富岡ビル
TEL:03-5942-6037 FAX:03-5942-6038
info@hako-arch.com www.hako-arch.com